パーシャルデンチャー、テレスコープシステムの臨床セミナー開催されます

1月13日(日)『パーシャルデンチャーの臨床』
1月14日(月)『テレスコープシステムの臨床』

が開催されます。

▼昨年のセミナーの様子



パーシャルデンチャーの修復に際し、必要な知識と技術はクラウンブリッジの要素から総義歯の要素まで必要ですが、今まで、大学の授業で教わった事ありますでしょうか?
国家試験のためのお決まりの設計(しかも大間違いな・・)をマークシートで丸覚えしただけではないでしょうか?

日本は世界の中でも特にパーシャルデンチャーの知識が欠けてしまっています。

ドイツの歯科大学では、パーシャルデンチャーの設計を教授の前で、発表したり、お互いが言い合ったりという時間が当たり前に授業の中にあります。
自分で考えた設計に対して教授を含めてみんなで議論します。

この時点で、日本のパーシャルデンチャーは完全に遅れてしまっています。

患者様の現在ある歯をいかに長持ちさせることができるかということに集中して様々な設計をしないといけないのに、その方法について私たちは教わってきませんでした。

欠損を埋めるだけがパーシャルデンチャーではありません。

今回のセミナーで、パーシャルデンチャーの基本をしっかりと頭にいれることができます。

そうです。

クラスプが曲者ですね。

もう、ドイツの歯科大学ではクラスプは授業からも外されています。

今回のパーシャルデンチャーのセミナーでは、支持と維持の認識を学んでいただき、金属床、シュパルテ、トーションバーの設計などを理解していただくことができます。

そして、『テレスコープシステムの臨床』について、教えているのはIPSGだけです。

ドイツでは126年もの歴史があり、世界で信頼されている技術ですが、日本ではほとんど広まっていないのが事実です。

その評判を落としてしまったのが、みんなが適当に広めてしまった『コーヌスクローネ』。

今回のセミナーの中で、稲葉先生に改めて『正統派コーヌスクローネ』について正してもらう予定です(^_-)-☆

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:.。o○☆゜・:,。

【研修日程】
①1月13日 『パーシャルデンチャーの臨床』
②1月14日 『テレスコープシステムの臨床』

【時間】
10:00~17:00迄
※お昼はお弁当をご用意しています。

【場所】
カボデンタルオフィス株式会社 東京本社
〒140-0001東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー15F
TEL 03(6866)7480 FAX 03(6866)7481

【交通アクセス】
品川駅より徒歩10分、無料バス5分
↓↓↓
http://www.mori-trust.co.jp/residence/gotenyamatrust/bus/index.html

※休日は、正面出入り口は閉まっております。
案内の者が入口でお待ちして、休日出入り口のご案内申し上げます。

【費用】
◆会員価格 45,000円
◆一般価格 50,000円


お申込みは、IPSGのサイトから
http://www.ipsg.ne.jp/?page_id=64

もしくは、事務局までメールをいただきたいと思います。
ipsg.8028@gmail.com

カテゴリー: セミナー告知, ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor