作成者別アーカイブ: sugiyama

20201120-03

2020年10月18日に咬合認定医コースのセミナーが開催されましたので報告させていただきます。 今回のセミナーはARCUS DigmaⅡを用いた顎運動分析を相互自習していくものとなっています。 また咬合認定医コースには、 … 続きを読む

hayashi

林 聡一先生 咬合認定医コースを受講しようと思ったきっかけを教えてください。 父親がIPSGの会員でしたので、漠然とですがそういうセミナーがある事は知っていました。 そんな中、大学4年性の時に父にIPSGのセミナーに連れ … 続きを読む

watanabe

渡邉正樹先生 咬合認定医コースを受講しようと思ったきっかけを教えてください。 日々保険診療を行っていて咬合が崩壊している難症例や、義歯が全然合わないといった症例に対して悩みが多くなり、何をどう勉強したらいいか分らないとき … 続きを読む

dr-konishi2

小西浩介先生 咬合認定医コースの魅力とは何ですか? 咬合を学ぶということは、少し難しく、日常臨床には疎遠なイメージをお持ちの先生方もいらっしゃるかもしれません。 咬合認定医コースの魅力は、日常臨床で使うことができる咬合の … 続きを読む

sakata-thum

坂田純一先生 咬合認定医コースを受講しようと思ったきっかけを教えてください。 テレスコープ義歯を勉強するために1Dayセミナー受講した事が私とIPSGの最初の出会いでした。 多少の知識を準備して何気なく受講したのですが、 … 続きを読む

nagasaka-thum

長坂裕子先生 咬合認定医コースを受講しようと思ったきっかけを教えてください。 勤務医として診療に追われ人数をこなす日々の中、たまたま咬み合わせに違和感があると訴える患者様の担当が続き、ふと咬合についてきちんと分かっていな … 続きを読む

20201022r1-09

2020年9月20・21・22日の3日間で咬合認定医コースのセミナーが開催されましたので報告させて頂きます。 今回のセミナーは相互実習形式で行います。 問診・筋触診・口腔内診査・印象採得・フェイスボウ採得・中心位での咬合 … 続きを読む

ドイツ式入れ歯テレスコープシステムセミナーオンライン開催のお知らせです。 これまで、遠方のため受講する機会がなかった先生も、オンラインを通してご自宅で学んでいただくことができます。 ぜひ、この機会にご参加ください。 過去 … 続きを読む

「これから始めるコーヌスクローネ入門」を開催いたします。 欠損補綴治療の第一選択はインプラントという傾向は顕著です。 しかし、骨粗粗鬆症をはじめとする全身疾患がある、体力や気力の衰えで手術を望まない方が多いのも現状ではな … 続きを読む

20200914r2-04

2020年8月9・10日の二日間に渡り顎関節症Live実習が開催されましたので報告させていただきます。 今回は二日目の様子をレポートしていきます。 まず初めにドップラー聴診器を用いて関節雑音を聴診します。 ポイントとして … 続きを読む

1 / 1812345...10...最後 »