Q.ベネット運動とはどのような運動でしょうか。

Q.ベネット運動とはどのような運動でしょうか。
また、どのような診断に応用できるのでしょうか。

A.ベネット運動は、下顎運動の中でとても分かりにくい運動です。

とくに最近では死語に近い言葉であります。

この言葉はイギリスの補綴学者Benett(1907)の名を冠して造られた言葉で、下顎の作業側顆頭の動きを表したものです。

つまり作業側の顆頭は側方運動では外側方に移動し、反対側の平衡側は前内下方に滑走します。

しかし作業側の運動は単に側方へ移動するのみではなく、その方向を持っています。

そこで現在では、この側方への動きを細かく分類し、ラテロトゥルージョン(Laterotrusion)と呼ぶようになりました。

37年前に私はDr.Stuartの講義の中で下顎の作業側顆頭の動きの方向を上下左右の4方向への移動を、真横はラテロトゥルージョン、上側方をラテロサートゥルージョン(Laterosurtrusion)、下方をラテロディトゥルージョン(Lateroditurusion)、後側方をラテロリトルゥジョン(Lateroritrusion)前側方をラテロプロトゥルージョン(Lateroprotrusin)と教わりましたが、現在ではベネット運動はラテロトゥルージョンと呼ばれるようになりました。

ベネット運動の際に起きる平衡側顆頭の動きに影響してきますが、これもベネット運動の際に現れる現象からベネット角と呼ばれています。

現在ではサイドシフト(Sidesift)と呼ばれ、平衡側顆頭の側方への移動を表しています。

ランディーン(Lundeen 1973)によれば7.5°、保母先生は12.8°であるという研究結果があります。

KaVo Proter evo咬合器には、このパーツが用意されており、作業側顆頭への移動が可能となっています。

この作業側顆頭の移動は下顎運動の際の咬合面への影響があり、咬頭の高さや溝の方向に影響を与えています。

ぜひ、参考にしてみてください。


咬合認定医コース開催のご案内IPSG咬合認定医コース IPSGでは、歯の治療だけに注目せず、歯科医師が担っている「恒常性の維持」の1つである食物摂取系を支える歯科医療を目指しています。

そこでこの度、IPSGが強みとしている「咬合」に特化し、将来の包括的な歯科医師の輩出を目標に、咬合認定医コースを開始することとなりました。
ぜひこの機会に「咬合」を学んで頂いてはいかがでしょうか?

⇒【限定9名】咬合認定医コースの詳細・お申し込みはこちら
※残席わずかとなっておりますので、お申し込みはお早めに

▼咬合認定医コースお申し込み用PDFはこちら
※PDFを印刷して、FAXでお申し込み可能です(下記画像をクリックするとPDFファイルが表示されます)
咬合認定医コースPDF

カテゴリー: Q&A   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor