Q.舌の大きい症例の対策を教えてください。

Q.舌の大きい症例の対策を教えてください。

A.人間の生命を維持する栄養の取り口として嚥下運動は口腔におけるもっとも大切な行動です。

この時無歯顎において総義歯を装着している患者では、有歯顎とほぼ同様な動きをします。すなわち、嚥下の最初の段階では舌の先を口蓋皺壁の部分におしつけ、その後舌背を徐々に床の後方に圧接し食物を咽頭に送り込みます。その時義歯の安定には舌後方の接触が重要な役割をはたしています。

一方、人間同士のコミュニケーションを図るためには言語は最も重要ですが、この際も舌の働きにより、様々な発音に関与しています。特にサ行は舌尖を口蓋皺壁に近付け舌と口蓋のわずかな隙間から空気を流失させて発音し、タ行、ラ行は舌尖を口蓋皺壁に接触させ、舌尖を話す瞬間に口を開ける量により、発音の違いをつけています。

このように舌は複雑な動きを行うため、その構造も複雑になっています。有歯顎の場合は歯列の内側から舌が歯列をわずかに圧迫していますが、歯を失うことにより舌が接触する結果、有歯顎のときよりも大きく見えると思われます。

さらに舌が大きく見える理由には、舌の位置異常が惹起するような何らかの原因があるときです。そのような例のうち総義歯製作に障害となるのは舌の突出や唇をなめまわすような動きを絶えずする、舌の不随意運動であるオーラルディスキネジアをもつ患者です。

したがって、舌が前方に壱している患者と舌を突出させる癖がある患者についてその対策について述べます。義歯の安定についてStrackは天然歯列の植立状態と同じ場所に人工歯を配列することが最も良いと提唱しています。

すなわち歯列は外側から口腔周囲の筋肉の力にたいし内側からは舌の圧力が相拮抗してバランスが保たれます。たとえ歯を失っていてもこの均衡状態は変わらず、側方からは頬筋、前方からは唇が内側に押しています。それに対し舌は外側への支えを失い、もと歯のあった方向へ広がっていきます。

そのため歯が存在していた時と比較すると舌は大きく見えていることになります。しかし、頬筋、唇と舌の均衡状態は保たれていますので、義歯製作の際には人工歯配列において、この力の均衡状態に並べることが理想的です。


口腔周囲筋と舌は義歯を介在してバランスの良い一にあり、お互いに義歯の維持に重要な役割をしています。

臨床においてこの力関係を再現することは大変難しいことであり、軟らかいワックスを使用したフレンジテクニックなどが行われていますが、最近の印象方法や材料の発達を機会に壱連の総義歯製作テクニックを考案し臨床応用しています。その一部は舌の大きいケースやオーラルディスキネジアのある患者に対し好結果を得ているので述べてみます。

咀嚼運動は上下の歯が正確に咬合すると同時に、口腔周囲筋、舌が強調して食物をこまかくし、だ液と混ぜて一塊とし、咽頭から食道へ送りこみます。嚥下に際し頬筋、唇及び舌は歯列に対し強い力が押し付けると同時に口腔は陰圧となり、難組織は歯を固定するように包み込みます。義歯の場合も同様であるため、これらの難組織の力関係を印象に現すことができれば理想的です。

したがって、印象は嚥下が可能な場外で採得することができればよいわけです。そのためにはあらかじめ個人トレーの段階で咬合口径や水平的な位置を決定した後、筋肉や舌の動きを再現できるような印象を行えることであり、この目的を叶えるのは上下顎同時印象をすることです。

その結果、口腔周囲筋、唇及び舌の昨日した形態が印象に再現できるとともに最終義歯の形態の指標になります。

以上のことから、舌が大きい場合には義歯の安定に対し、むしろよい結果を生むことになり、多くの場合維持安定に利用できます。

「もぐもぐ運動」などと呼ばれる、唇や舌の不随意運動であるオーラルディスキネジアをもつ患者は舌を前に突き出したり、唇を緊張させたりするため、義歯の維持安定に困窮しているケースがありますが、このような場合にも、上下顎同時印象は有効です。

特に舌を前に突き出すような場合には人工歯が舌を動きに逆らう原因になっていることが多いため、下顎の前歯の舌側をすべて覆うような形態にすると結果が得られます。

また、後舌骨筋かの部分(下顎の舌側後縁)へ長くのばしすぎると、舌の運動が阻害されるため、この部分の利用は避けるべきであり、義歯に外形は十分舌の運動を考慮に入れた形態にするべきです。

具体的には、義歯の安定にはサブリンガルルーム(舌下隙)を十分覆い舌により義歯の安定を行うのがよい結果をうみます。

また頬棚の部分も広げ過ぎると、咬筋の緊張により義歯の安定を悪くするため注意が必要です。さらにこの部は頬筋による維持が重要ですが、一般に義歯床の研磨面の形態が悪い場合が多く、特に厚みが足りないようです。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor