Q.夜間のくいしばりや、歯ぎしりなどの筋肉症状について教えてください。

Q.夜間のくいしばりや、歯ぎしりなどの筋肉症状について教えてください。

A:ご質問いただき、ありがとうございます。

私たちが毎日の生活で食事、会話をする時、上下の歯の接触は1日当たり10分以内にしかなりません。

研究結果によれば、歯ぎしりが起きた場合には、上下の歯の強い接触が一晩で4時間にものぼります。

歯ぎしりをしている方の特徴として、咬筋肥大、やはりものすごいストレスがかかるため、筋肉が発達してしまいます。

内側翼突筋、側頭筋の痛みが連動して現れます。

そして、朝起きると首や肩の筋肉まで緊張するため、とても疲労しているのが特徴です。

■お知らせ

IPSGでは、顎関節症についてのセミナーを開催しております。

Q&AでIPSGにご興味を持たれた先生は、技術についてより深く学ぶことのできるセミナーにもご参加いただけたらと思います。



セミナーに参加できない先生方には、顎関節症に関するDVDも販売しております。
よろしければこちらからご覧ください。

⇒IPSGで販売している顎関節症のDVDはこちら

カテゴリー: Q&A   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor