Q.コーヌスクローネを手で研磨したときと、機械で研磨したのでは、どのくらい研磨面に差があるのでしょうか?

Q. コーヌスクローネを手で研磨したときと、機械で研磨したのでは、どのくらい研磨面に差があるのでしょうか?お願いいたします。

A. コーヌスクローネのクオリティーを決定するのは、内冠の研磨方法です。

すなわち、内冠の表面を確実な直線で仕上げる事です。直線に仕上げるためにはフィリーハンドでは不可能です。
どんなに注意しても丸みが付いてしまいます。

この結果、曲線に仕上った物は、装着直後は維持力が出ますが、しばらくすると維持力が落ちてしまいます。
したがって、フリーハンドで研磨する方法を習った人は、維持力を継続するのが困難であるためコーヌスクローネの評価を落としてしまいました。

それに比較して、器械研磨した物は確実な表面の直線仕上げにより、永続性のある維持力が得られ、義歯を長期に使用する事ができます。

確実な方法としては、ミリングマシーンを使い表面を直線で仕上げる方法、あるいは私が開発した横型研磨器を使う方法があります。

この研磨器はディスクを回転させて、この表面に内冠の表面を当てると確実に直線に仕上がります。研磨ディスクは荒研磨から鏡面仕上げが出来、簡便確実であるためにカボ社からのK9内冠研磨器として発売されました。

このため、コーヌスクローネの本場ドイツで評判となり、海賊版まで売られる様になりました。そのため私はシュトゥットガルトのマイスターシューレに招待され、コーヌスクローネの研修を行った経験があります。

その後、この方法で国内で研修を重ねて来ました。
鏡面仕上げした内冠にパターンレジンで外冠を作成し、埋没剤をコントロールしゼロフィッティングさせたコーヌスクローネは確実に長期に使用する事ができます。

当時、日本で多く行なわれている方法を見直す目的で「正統派コーヌスクローネ」という本を出版しました。

このたび一部を復刻し、研修受講者に読んでいただける様にしました。
ドイツから帰国後多くのコーヌスクローネを使用した補綴物を行って来ましたが、その多くが今でも機能しているのが事実です。
ぜひ、正しいコーヌスクローネを使用した補綴物を行っていただけるように願っています。



当時稲葉先生が出版した
『正統派コーヌスクローネ』が冊子になりました!

他では入手することができない一冊、販売もしておりますので、ぜひお手に取って頂けたら幸いです。



⇒書籍の詳細はこちらから
⇒コーヌスクローネの効果について疑問をお持ちの方はこちらの記事をぜひご覧ください

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor