Q.初めて義歯を入れる患者さんに対して注意することはありますか?

Q.初めて義歯を入れる患者さんに対して注意することはありますか?
特に、口蓋を短くしたいと言われる方が多いのですが、どこまでなら短くしてもよいのでしょうか?

A.ご質問いただき、ありがとうございます。

義歯を初めて入れるという事ですが、義歯にはいろいろあります。

ここでは、総義歯についてお答えしたいと思います。

総義歯は粘膜負担ですから歯根膜負担と比較して全く違う義歯の安定を図らなくてはなりません。その為できる限り粘膜面を広げる必要があります。
患者様は今まで、粘膜を被った経験をした事が有りませんので大変な違和感があると思います。

しかし、義歯を安定する事を第一に考えなければならなければいけません。義歯は食事や他人とのコミュニケーションには必要不可欠ですので、義歯の安定には大きく粘膜面を被わなければならない事を理解していただかなければなりません。

義歯は食事の際の道具であることをよく理解してもらいます。したがって道具の扱い方に慣れる事が必要です。歯のある時のイメージがありますから、義歯の扱い方は自分の歯とは異なる事を理解していただく必要があると思います。

義歯装着後は徐々に食べられる物を選んで少しづつ慣れてもらって下さい。その際、義歯の安定には義歯の大きさが大切なことを話して下さい。

患者様は義歯は小さくて、薄くて軽い物が良いと思っていますから、我々の考え方と全く反対です。

義歯の安定は外れないように十分外形を大きくし、厚みを持たせ、なおかつ喉の奥まで広げなければなりません。

ご質問のように患者様はできる限り口蓋を短くしたいという希望を持っていますが、最低左右のハーミュラーノッチをつなげた線即ちアーラインに一致させ、なおかつ前歯を使う為には口蓋を広げなければなりません。

更にポストダムをそこにつける必要があります。短くして欲しいという患者様には短くすると入れ歯は安定しなくなることをよく話して下さい。義歯が基本通り出来ている場合には、必ず慣れると思いますので妥協はしないほうが良いと思います。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor