IPSG会員インタビュー:岩田直之先生(岩田歯科医院 院長)

岩田直之先生 岩田直之先生

①IPSGに入会したきっかけ
自分の診療に対する疑問が積み重なって解決策を探っていたところで、IPSGと出会いました。

これまで自分は、咬合に関する問題はほとんどがアンタッチャブルで、基礎になる理論や知識もなく、やみくもに診療していました。

そんな自分の歯科医師としての限界に気付いて何か変わらなければいけないと思っていました。

そして咬合の講義を受講して「これしかない!」と思い入会しました。


②IPSGで学ぶ前と学んだ後について
IPSGで学ぶ前は咬合に対する苦手意識が強く、咬合器もほとんどまともに触っていませんでした。

また、義歯に関しては知識や経験に乏しく設計もよく分かりませんでした。
欠損部の大きな患者さんには、義歯の問題点を説明してインプラント治療に逃げるのをパターン化していました。

自分の弱点が診療の選択肢を自然と狭めていたのです。IPSGで学んでからは、咬合治療に対する説明やインプラント治療以外の方法もあるということも提案できるようになりました。

自分の選択肢が広がることで患者さんに感謝されるという経験をして、もっとIPSG で学びたいと思いました。

今年の春から始まる咬合認定医コースにはそういった思いもあり申し込ませていただきました。


③稲葉先生について
とにかく知識が幅広くて理論が的確で講義が分かりやすいです。
そして何より、ふとしたタイミングで出る冗談が最高です。

講義中もそうですが懇親会でも質問に対してやさしく答えてくださいます。

アドバイスが的確なので自分がもっと勉強して質問しなければと思います。

また他のスタッフの方も親切でIPSGで勉強する事が非常に楽しいです。


④IPSGで学ぶ先生へメッセージ
IPSGは一緒に学んでいる先生方も気さくな方ばかりで楽しいです。
そして技工士の先生方とも勉強できるのでそこが素晴らしいと思いました。

僕は2年前にIPSGに入会しましたがもっと早くに勉強してれば良かったと思うぐらい充実しています。

これからもIPSGで研鑽を積んでいこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor