IPSG会員インタビュー:木下貴雄先生 (KINOSHITA DENTAL OFFICE)

木下貴雄先生
木下貴雄先生

①IPSGに入会したきっかけ

私自身の日々の臨床の約半分くらいは総義歯治療なのですが、義歯の難症例のケースについて以前から仲良くしていただいていた小西先生に相談し、さまざまなアドバイスをいただきました。

その中で中心位の決定方法や、その概念について非常に興味深い稲葉先生の日々の臨床についてのお話をしていただきました。

そのお話があまりに衝撃的な内容ばかりで、自分の知らないことがたくさんあったので、その場で受講を決意し、次の日から全てのコースの受講申し込みを始めました。


②IPSGで学ぶ前

今までさまざまな勉強会に参加し、自分なりのベストは尽くしていたつもりではありましたが、やはり顎関節や中心位というものに明確な自分なりの答えがなく、曖昧なままでした。

特に歯科医師となってから現在まで、いつも自分の中の疑問として、目に見えない中心位をどうやって採得するのか、その見えない中心位で補綴するというのはどういうことなのか、というのが大きなテーマとしてありました。


③IPSGで学んだ後

IPSGに入会し、一つずつセミナーを受講していく中で、少しずつ自分の中での中心位や顎関節というものに対する理解が深まり、日々の臨床が大きく変わっていきました。

特に咬合器を日々の臨床に多用するようになり、技工士とのコミュニケーションもより詳細な内容に変化していきました。

そしてその中で、全ての患者様の中心位はどこなのかと意識し、顎関節の状態を念頭に置いて治療するようになりました。


④稲葉先生、IPSGについて

今まで受講してきた数多くの勉強会とは全く異なり、稲葉先生を始め全てのインストラクター、スタッフの方が、私の沢山の質問にも真剣に答え、いっしょに考え、誠実に対応してくださいました。

また、懇親会のアットホームな雰囲気に驚き、まだどこの馬の骨ともわからない私に、みなさま昔からの後輩や友人のように接してくださいまして、非常に学びやすい環境を作ってくださり、心より感謝いたしております。


⑤IPSGで学ぶ先生へメッセージ

歯科医師の基本中の基本であり、一番の大きな幹である「咬合」を学ぶ上では最も素晴らしい勉強会だと確信しています。

約二年間毎月のようにIPSGに通いましたが、学べば学ぶほどに学ぶことが多くなり、稲葉先生の知識や臨床経験にただただ圧倒されますが、これからも私の中の大切な幹として、継続して勉強させていただきたいと思っております。

咬合の知識に悩みを持たれている先生はぜひ受講されることをお勧めいたします。

「顎関節に対する理解が深まり、全ての患者様の中心位はどこなのかと意識し、顎関節の状態を念頭に置いて治療するようになりました」


⑥稲葉由里子先生よりメッセージ

木下先生は、大変勉強熱心でいらっしゃり、IPSGのセミナーも常に1番前の席で聞かれていました。

全ての治療において、ベストを尽くされており、細部に渡って患者様の気持ちを大切にされていると感じます。

クリニックには、素敵なお花が飾ってあり、インテリアなどもこだわりがあり、先生のセンスの高さは、治療においても発揮されていることと思います。

懇親会でも熱心に先生方の話に耳を傾け、良いと思うことをすぐに取り入れられるお姿は素晴らしいです。
先生に治療をしていただいた患者様は幸運ですね♪

咬合認定医コースでは、認定医も取得され、ますますのご活躍を心よりお祈りしております。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor