IPSG会員インタビュー:大西祥文先生(大西歯科モノレールビルクリニック)

大西祥文先生
大西祥文先生


① IPSGに入会したきっかけ

元々義歯の治療には関心があり研鑽を積んできましたが、部分入れ歯の分野には自信を持って患者さんに推奨できるものがありませんでした。

そんな中、インターネットで検索をしている内に、IPSG のサイトにたどり着き、そこから由里子先生のブログを拝読するようになって、初めは軽い気持ちでセミナーを受講しました。

ところが色々受講する内に、インプラント以外の欠損補綴修復法として、テレスコープシステムが非常に有効であると再認識したので、IPSG に入会し、一連のセミナーを全て受講することにしました。



②IPSGで学ぶ前

これまでナソロジーをかじったり、咬合関係のセミナーは随分受講しましたが、中々日々の臨床に即したものはなく、咬合は加齢と共に移ろいゆくもので、中心位の定義も時と共に変わっていくし、これが補綴をする際にベストな咬合であると、自信を持って治療に臨んではいませんでした。



③IPSG で学んだ後の変化

IPSG に入ってからは、その中心位の定義、取り方、咬合分析の進め方、必要な器材が明確になり、インレー一つからフルマウスリコンストラクションの治療まで、やるべきことが明確になり、より自信を持って臨床に臨むことができるようになりました。

ただ、中心位採得と咬合調整は難しく、日々習熟していく必要があり、咬合紙の使い方一つとっても簡単ではないため、今後も日々ベーシックを実践しながら、より明確に調整ができるよう、自分なりの改良も必要だと思っています。



④稲葉先生、IPSG について

稲葉先生は、年齢、性別、出身大学、過去の所属などを一切問わず接して下さり、また初歩的な質問に対しても真摯に答えて下さるので、学生時代の教授ということもあり緊張しますが、とても優しく人間的にも大変魅力ある方です。

VIP 会員になり、実際に稲葉先生の診療を見ることができて、患者さんに対する接し方、歯科診療に対する考え方など、毎回新たなヒントや明日からすぐに役立つ実践法をご教授いただいております。

とても喜寿を迎えられた方と思えない支台歯形成などを見せていただいて、自分もまだまだこれからの歯科医師人生を頑張ろうと刺激を受けております。



⑤IPSG の雰囲気

他の色々なスタディグループで感じられる気取った感じがなく、アットホームで何でも気軽に質問できるところがとても魅力です。

会長の飯塚先生は、懇親会なとで我々新入会員にもフレンドリーに話しかけて下さり、人見知りする私などにもとても優しい対応で助けられ、また研修を頑張ろう、という気にさせていただきました。

その他の幹部の方々にも何かにつけ質問させていただいているのですが、 聞いたことの何倍も返してくださりと、感謝の念に耐えません。



⑥IPSGで学ぶ先生へメッセージ

我々が患者さんにとって最善の治療を行なっていくことが理想なのは言うまでもありません。

その最善の基準の一つに、「長持ちする治療」というのが歯科医師として生きた証となり、患者さんにとっても歯科医師にとっても大きなテーマになると思います。

長持ちをさせるためには、最善の診査診断が必要であり、最善の器具、材料の選択、そして妥協を許さない治療姿勢が必要です。

患者さんの要望へのアドバイスや、全身的な健康管理のアドバイスも大切になってくるでしょう。

私は、IPSG の包括的な考え方を学ぶことにより、長持ちする治療を実践していけることを確信しています。

自分はまだ実践し始めて間もないですが、目標は、メンターである稲葉先生の年齢に至るまで長持ちする治療を続けたいと思っています。

一度しかない人生、縁あって歯科医師になったのですから、稲葉先生やIPSG の先生方に色々教えを請いながら、最後はいい歯科医師人生だったなと思えるようになりたいと思っています。

長い間結果を出し続けてこられた稲葉先生の考え方を習得していくことが、どの分野の歯科診療を行なっていく上でも有意義なものになると思います。

ぜひとも「日々是勉強也」一緒に勉強を楽しみましょう。



⑦稲葉由里子先生よりメッセージ

初めは軽い気持でセミナーを受講していただいたとのことですが、その後すべてのセミナーに参加後、今では沢山のテレスコープシステムのケースをお持ちです。

VIP会員にもなっていただき、学術大会での発表も見事でした。
勉強熱心なお姿は、確実に患者様にも届いていると思います。

共に高め合えることに私も喜びを感じております!



カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor