IPSG会員インタビュー:迫田洋先生(さこだ歯科医院 院長)

迫田先生 迫田洋先生

① IPSG に入会したきっかけ
㈱コサカ主催による月一度行われる講習会にて稲葉先生との出会いがあり、その講演内容が同時印象・シュトラックデンチャーの話でした。

講演会でのスライドを拝見して興味が湧き、同時印象研修受講とともにIPSG に入会いたしました。

その後のIPSG の研修会にてパーシャルデンチャーの設計、顎関節症、テレスコープシステムと多くの事を学ばせていただきました。

今となっては、もっと早く学んでいたらという後悔はあります。


②IPSG で学ぶ前後の変化
開業当初は、保険点数・来院患者数、カルテ枚数等に目が行き、部分的な診療しかできず、(このままでいのか?)という気持ちが強くなり、IPSG で勉強を始めてからは、中心位、中心咬合位、フェイスボー採取、咬合器付着、咬合診断を行い全顎的診療の大切さを学び、テレスコープシステムの診療に励んでおります。

稲葉先生にお会いする度に哲学や知識の素晴らしさに毎回驚愕し、自分の診療の未熟さに気付かされる研修会となり、少しでも多くのことを吸収して自分のものにしたいと思っています。


③稲葉先生について
日本歯科界にとって知識、技術は私が言うまでもありませんが、一人の人間として素晴らしい先生です。

歯科に限らず人間が心豊かに生きてための教えを説いていただくことも多々あります。


④飯塚先生について
IPSG の会長としてご多忙中にも関わらず、私たちの為に尽力して下さり、感謝しております。

また、ラビリントレーナー、老人介護等の啓蒙活動には感銘しております。

私たち会員が、より良く勉強できる環境を整えていただいているのも、飯塚先生のおかげと思っております。


⑤IPSG で学ぶ先生へメッセージ
私のような知識、技術の未熟なものがメッセージなど身分不相応ですが、一般歯科医があまりされていない咬合診断を始め、テレスコープ診療等の知識、技術をより深め、それを本当に必要とされている患者様のお役に立てることが大切であり、それによって自分達も大きなものが返ってくると思います。

自分はまだスタートラインにも立ってはいませんが、終わりなき研鑽を積んで日々過ごしていきたいと思っています。

今できることを限りなく行い、謙虚な気持ちを忘れずに日々取り組んでいきたいと思います。

これからも何卒宜しくお願い致します。


⑥稲葉由里子先生よりメッセージ
IPSG のVIP 会員の迫田先生と初めてお会いしたのは、コサカの研修会。総義歯のセミナーがきっかけとなり、すべてのセミナーを受講していただきました。

先日は、越後湯沢へ山菜採りへ出かけたり、勉強もプライベートも楽しくご一緒させていただいています。

迫田先生は、気さくな性格をお持ちで人間的にも素晴らしい方なので、患者様からの信頼も厚いと思います。

稲葉先生だけではなく、スタッフの先生方にもこのような感想をいただき、本当にありがとうございます!!

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor