IPSG会員インタビュー:高瀬直樹先生(たかせ歯科 院長)

高瀬直樹先生 高瀬直樹先生

①IPSGとの出会い
私がIPSGに出会ったのは2年前の「パーシャルデンチャー、テレスコープシステムの臨床」からです。

キャストパーシャルの設計にいき詰まっていて、ネットでヒットしたのがこのセミナーでした。

パーシャルデンチャーのセミナーはあまりなかったので、ひとまず受けてみようという軽い気持ちでした。

まさか私の歯科医人生を大きく変えるセミナーだとは、その時は思ってもいませんでした。

その時悩んでいた症例を持って行ったのですが、たいした準備もできていなかったにもかかわらずスライドまで作っていただき、稲葉先生始め多くの先生方にご教授いただき、大変恐縮するとともに嬉しかったのを覚えております。

またアットホームな雰囲気がいいなと思っていました。
この症例、今思えば「レジリエンツテレスコープ」だったのですが、正直「まったくわからん・・・」状態でした。


②IPSGで学ぶ前後
いろいろなセミナーに参加して勉強してきたつもりだったのですが、回り道していました。

IPSGで勉強させていただいてからは、全身を診るようになってきました。

アライメント、中心位、顎関節、梃子現象そしてもちろんオクルージョン等々。
2年前の私には全く縁のない言葉だらけでした。

昨年で一通り受講しましたが、再受講するたび新しい発見があり、またそれぞれのセミナーや実習が少しずつですがつながっていくのが実感でき、とても楽しく参加させていただいております。

私はセミナー受講後なるべくDVDを観ながらテキストを熟読して復習するようにしています。

このDVDはいつでも勉強できるので私の宝物です。
DVDを観ていると小学生の三男が「あっ!いなば先生だ!」稲葉先生はうちでも有名人です。


③稲葉先生について
さすが元大学教授だけあって、オーラがすごすぎていまだに緊張します。

先生は美術、考古学等多彩な知識があり、そして素晴らしい絵を描く画家さん。
稲葉先生、すごすぎます。

ハーモニックオクルージョンのテキスト「美の追求」は、美術解説書としても大変興味深く読ませていただいております。

④IPSGで学ぶ特に若い先生方へ
回り道をする必要はありません。
迷う必要もありません。

稲葉先生を信じてくらいつていけば、必ず飛躍できます!私の歯科医師としての第2歩目が始まりました。

私自身もより飛躍できるように頑張りたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

=========================
高瀬先生、素敵な感想をありがとうございます。

小学生のお子さんが、「あっ!いなば先生だ!」と思うほど、DVDで勉強してくださっているのですね。
症例相談の価値を改めて感じました。

同じように悩んでいる先生方がいらっしゃったと思います。
あの時、勇気を持って質問してくださり、皆、大変勉強になりました。

これからも、ずっとよろしくお願いします!歯科の仕事はやりがいがあり、楽しいですね(^_<)- ☆
(稲葉由里子)

カテゴリー: インタビュー, 歯科医師   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor