IPSG会員インタビュー:小平雅彦先生(小平デンタルラボ)

① IPSGに入会したきっかけ
クラスプを使用しないパーシャルデンチャーは、既製アタッチメントを使用していましたが、コーヌスとリーゲルも勉強したいと思い、入会しました。


②IPSGに入って良かったこと、身につけたことなど
私は歯科技工士の免許を取得後、専攻科に残って2年間ポーセレンを勉強しました。
その後クラウンブリッジをメインに仕事をしてきました。

コンビネーションの仕事をしていくうちに総義歯も勉強したいと思うようになり、いろいろな勉強をした後にIPSG総義歯実習を受講しました。
IPSGの総義歯が究極というのがよくわかりました。

総義歯を勉強して思ったことは、総義歯を知らずしてポーセレンなど作れないと思いました。総義歯の考えは、クラウン、ブリッジ、パーシャルデンチャーの製作にも生かされています。


③VIP会員ってどんなことをするのですか
私はVIP会員になってまだ1年ですが、もっともっと稲葉繁先生に教えて頂きたいと思っております。
歯科技工士として、診療室で歯科医師がする事を間近で見る事ができるのは、とても参考になります。

前よりも歯科医師の気持ちを考えて技工に取り組むようになりました。
当時VIP会員となる事を許可してくださった稲葉繁先生に、感謝の気持ちでいっぱいです。

●午前は稲葉繁先生の臨床を見て、自分の臨床に足りないところを発見する事ができます。

●午後は学術の勉強と自分の臨床のわからないところなど、稲葉繁先生にアドバイスしていただけます。

●最後は稲葉繁先生の手料理をいただけます(すごく美味しい!!)


④趣味
スポーツ観戦(プロ野球、格闘技、アメリカンフットボール)
楽器演奏(キーボード、トランペット)
妻が行きたいと言う場所にお供する(笑)


カテゴリー: インタビュー, 歯科技工士   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor