IPSG会員インタビュー:田口大助先生、田口豪太先生(東和技研)

田口大助先生、田口豪太先生
田口大助先生、田口豪太先生

①IPSGに入会したきっかけ

私達がIPSGを知ったのは、以前よりお世話になっておりましたIPSG VIP会員の大西先生のお誘いで、咬合治療の臨床セミナーを受講したのが始まりでした。

そこでもっと深く咬合のことを学びたいと思い、咬合診断アドバンス実習コ-スを受講し、中心位の取り方、印象採得、フェイスボ-トランスファー、プロタ-咬合器の使い方などを学び、歯科医師の先生方と知識を共有する重要性を学びました。

その時IPSGの会員の方々のお人柄や歯科医療に対する熱意に感銘を受け、ともに勉強していきたいと思い、入会を決めました。


②IPSGで学んでみて

IPSGで学ぶ前は、普段の技工物製作にいろいろと勉強はしてきましたが明確な根拠や理論があるわけでもなく、技工士の先輩たちに教えてもらったやり方と自分の今までの経験から得たもので漠然と製作していました。

IPSGで学んでいくと咬合の与え方、咬合面形態、早期接触の除去のやり方など歯科医師と知識を共有して、共に補綴物を製作していく方法にやりがいを感じました。

また私達はクラウンブリッジ、特にセラミックを中心に製作していて、義歯関係は全く製作してきませんでした。

IPSGで義歯やテレスコ-プを学び全てを製作できなくては駄目だと思いました。


③稲葉先生IPSGの先生方について

稲葉先生は様々な質問にも的確に答えていただけ、また緊張している私達を冗談で和ませてくれる、とても優しくて魅力のある方です。

会長である飯塚先生は私達にいつも声をかけていただけますし、副会長の岩田先生は初めてレジリエンツテレスコ-プの臨床を任せていただき、指示書がまるで教科書の様で、安心して製作することができました。

佐藤先生、小西先生主催のフォロ-アップミ-ティングでは、和気あいあいとした雰囲気でとても楽しく勉強させていただいてます。


④IPSGで学ぶ先生へメッセ-ジ

IPSGは歯科医師、衛生士、技工士が一丸っとなって、同じ目標を持ち同じ知識を得て患者様の健康を取り戻す治療を学ぶ絶好の場所だと思います。

私達は勉強中の身で至らないところもありますが、日々の努力で少しずつ前に進んで最高の技工物を製作できるようになりたいと思います。

皆様共に頑張りましょう!


⑤稲葉由里子先生よりメッセージ

先日、稲葉歯科医院の大切な患者様の上顎フルブリッジのセラミックをお願いしました。

「私の技工人生で最大の大役、精一杯頑張ります!」とおっしゃっていただき、結果は素晴らしいものとなりました。

今までIPSGで学んできた知識を全て集約してくださったと思います。

一見すると、静かなイメージですが、中身は熱い情熱を持ったお2人に心より感謝しております。

スパルタンレース頑張りましょうね!

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor