IPSG会員インタビュー:田島慶二先生(タジマデンタルラボラトリー)

田島慶二先生
田島慶二先生


① IPSGに入会したきっかけ

私がIPSGを知ったきっかけは、「サブリンガルルーム」という言葉でした。

調べていくとIPSGという研修会があることを知り、正統派コーヌスクローネを購入した際は、同封していただいた研修案内を見て受講してみようと思いました。

どのような研修会かわからなかったので、初回受講ではまだ入会していなかったと思います。初回受講でIPSGの方々の人間性に惹かれ、2回目の受講の前に入会しました。今でも初めて受講した時のことを鮮明に覚えています。



②IPSGで学ぶ前

以前は質より量というスタイルで仕事をしていました。
「本当にこれでいいのか?」というモヤモヤしたものを持ちながら、仕事をしていたのを覚えています。
技術的、知識的にも明確なものがなく自信をもって仕事を出来ていませんでした。



③IPSGで学んだ後

IPSGで学び始め2年が経ち、仕事のスタイルが180度変わりました。受講し始めてから半年が過ぎた頃、由里子先生よりお仕事をいただきました。

まだわからないことが多い私に「みんな最初は出来ないんだから大丈夫!」と優しい声をかけてくださり、多くの先生方から手厚いサポートもいただきながら、現在ではテレスコープ、総義歯が中心となり量より質のスタイルになっています。

明確な指針を持ってやる仕事は、一つ一つ完成させる度に自信に繋がっていくと感じます。



④稲葉先生について

歯科医師という枠だけでなく稲葉先生の人間性、物の考え方、見方、捉え方はこれからの人生において見習っていくべきことがたくさんあると感じます。

その稲葉先生のもとで勉強させていただけていることは、とても運の良いことだと思います。IPSGもまた他の研修会、勉強会にはないものがあると感じます。

研修会での温かい雰囲気作り、IPSGに関わる方々の人間力の高さ、知識や技術だけでなく人間性向上の場としてもIPSGは特別な場所だと思います。



⑤IPSGで学ぶ先生へメッセージ

日々の臨床では同じものはなく、行き詰まることも多くあります。

そのような時、IPSGで学んでいることが大きな自信になっています。当たり前のことを当たり前にこなす。とてもシンプルなことですがなかなか難しい。

それを教えてくれるのが稲葉先生であり、IPSGだと思っています。まだまだ勉強途中ですが一歩一歩前進し、患者様の笑顔に貢献できるような技工物を作っていきたいです。

今後もご指導ご鞭撻宜しくお願いいたします。



⑥稲葉由里子先生よりメッセージ

田島さんは、すべての患者様に全力を出してお仕事をされています。

「自分のために、こんなに一生懸命作ってくださったんだ。」と患者様の喜びにも繋がり、私は本当に田島さんとお仕事をすることができてよかったと思います。

そして、技工士としての勘、直感力が飛び抜けて高い。おかげで、チェアサイドでは、安心して仕事をすることができます。テレスコープ技工ができる技工士は、ごくわずかです。需要は極めて高く、歯科 医師、技工士、衛生士共に達成感のある、素晴らしい技術であると思います。

これからも田島さんをはじめ、技工士の方々と共に、テレスコープシステムやシュトラックデンチャーを広めていきたいと思います。


カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor