Q.フェイスボートランスファーをすることの意味を教えて下さい。

Q.基本的な質問で申し訳ありませんが、フェイスボートランスファーをすることの意味を教えていただきたいと思います。

A.基本的な質問との事ですが、フェイスボウトランスファーは歯科治療の際、診断と治療の基本になる作業です。

しかし、現実に一般の臨床で、この作業を行っている歯科医師はどの位いるでしょうか?
おそらく10%に満たないのではないでしょうか?

では何故フェイスボウトランスファーの様に、面倒な作業をしなければならないのでしょうか・・・

人間の体は左右前後にバランスが取られていなければなりません。体の不均衡が生じると様々な所に歪みを生じ、骨格筋のアンバランスを引き起こします。

その結果、肩こり、腰痛、頭痛等アンバランスの結果により生じます。人の体は頭から踵まで一本の軸が通っていなければなりません。

また踵から膝、腰肩、瞳孔線まで体の軸に対し直交している事が理想的です。その際、我々の領域である歯列も同様に体と直交していなければ成りません。

体の軸から頭頂まで伸ばした頭蓋の軸を基準にした歯科医療が必要です。この作業に必要なものがフェイスボウトランスファーです。


フェイスボウトランスファーは頭蓋の基準面を咬合器に付着する作業です。

したがって、咬合器の大きさも頭蓋と同じ大きさの物が要求されます。

ボンウィルの三角は一辺が10cmで成り立っていますので、顔面の幅で12cm程度の大きさが必要です。

フェイスボウトランスファーにより幅12cm程度の咬合器にトランスファーします。歯列の三次元的位置を再現します。

すなわち、模型の付着位置を頭蓋骨に対し正確に位置付ける事が可能になります。

この様に付けられた模型により正確な診断と治療を行う事ができます。歯列の左右前後の傾き、スピーの彎曲、ウイルソンのカーブなどの診断が可能になります。

これは、顎関節症の診断と治療に大きな助けとなります。

さらに、咬合器の顆路の調節により、各運動要素による歯の接触状況を知ることが可能となります。また、診断用ワックスアップ、修復物製作に対し必要不可欠です。

フェイスボウトランスファーは、慣れてしまえば5分位でできます。そこから多くのデータを得る事が出来ますので、是非実行して下さい。

今まで見えなかった物が見えて来ます。フェイスボウトランスファーを行って下さい。

ちなみに私は、カボ社のエボ7・エボ9咬合器とアルクスフェースボウを使い成果をあげています。
http://www.kavo.co.jp/product/high_tech/articulator/face_bow
*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:.。o○☆゜・:,。

フェイスボートランスファーにより、歯列の左右前後の傾き、スピーの彎曲、ウイルソンのカーブなどの診断が可能になります。

今回の回答は、患者様へのプレゼンテーションにも使えると思います。全顎治療を行う際、ぜひ、咬合診断とともに、説明してあげてくださいね。

ちなみに、IPSGで開催している『咬合診断の治療』ではこんな基本的な事から学ぶ事ができます。
よろしければ、いらしてくださいね☆

▼『咬合治療の臨床』の詳細はこちらです♪
http://www.ipsg.ne.jp/seminar-schedule/

咬合認定医コース開催のご案内IPSG咬合認定医コース IPSGでは、歯の治療だけに注目せず、歯科医師が担っている「恒常性の維持」の1つである食物摂取系を支える歯科医療を目指しています。

そこでこの度、IPSGが強みとしている「咬合」に特化し、将来の包括的な歯科医師の輩出を目標に、咬合認定医コースを開始することとなりました。
ぜひこの機会に「咬合」を学んで頂いてはいかがでしょうか?

⇒【限定9名】咬合認定医コースの詳細・お申し込みはこちら
※残席わずかとなっておりますので、お申し込みはお早めに

▼咬合認定医コースお申し込み用PDFはこちら
※PDFを印刷して、FAXでお申し込み可能です(下記画像をクリックするとPDFファイルが表示されます)
咬合認定医コースPDF

稲葉繁のQ&A一覧

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor