Q.総義歯で口が開かない、クローズドロックの患者様はいらっしゃるのでしょうか。

Q.総義歯で口が開かない、クローズドロックの患者様はいらっしゃるのでしょうか。

また、その場合どのようにして治療を進めていけばよいでしょうか。

A.無歯顎の患者さんでクローズドロックの患者さんは私はいまだに経験したことはありません。
もし有るとすれば大変まれであると思います。

無歯顎の高齢者では、多くの場合下顎頭の変形が認められることが多いと思います。
また、関節円板の穿孔が起こる危険性も大きいと思います。
しかし両者共開口障害となる原因とはなり難いと思います。

もし、開口障害がありましたならば有歯顎者と同様にマニピュレーションが必要になります。

この時無歯顎者では歯を梃の支点としたマニピュレーションは義歯が動いてしまうため難しいと思います。

余程しっかりと安定した義歯が装着できていないかぎり円板を乗せることは困難だと思います。

無歯顎者の下顎頭は多くの場合変形していると考えてよいと思います。
通常はオフ・ザ・ディスクのまま義歯を作ることが多いようです。

私は総義歯で関節円板前方転移した患者では、印象は上下顎同時印象し、人工歯排列が終了したのちカボ咬合器に戻し、咬合器のアクセサリーでPDRインサートを使い患側の顆頭を3ミリ程下げて再排列します。

その後咬合を上げたまま重合完成させます。
完成した義歯では臼歯が2ミリ程高くなっていますが、下顎頭はオフ・ザ・ディスクになっており、下顎頭のリモデリングを期待します。

時間はかかりますが円板に乗せることが可能です。

円板を無理に乗せようとしてヒポクラテス法を行う時、あまりに下顎に力を入れますと骨折の危険がありますので注意が必要です。

高齢者で義歯装着者では関節が脱臼する癖のある方がおり、ヒポクラテス法を行って復位させることが多いと思いますが、私は親指一本で復位させています。

脱臼した関節の位置に親指の腹を当て、関節をイメージして親指を関節窩の方向に回転させると復位できます。
その時反対側歯手のひらで押さえておくのが必要です。

是非お試しください。

稲葉繁のQ&A一覧

カテゴリー: ブログ   パーマリンク