’19 7/13,14,15(土,日,月祝)『総義歯ライブ実習コース』開催されました③

2019年7月13,14,15日と3日間、総義歯のライブ実習が行われたので、ご報告させていただきます。

今回は7月15日 最終日の模様をお届けします。

最終日はテレスコープ専門歯科技工所Weber dental labor GmbHにてロウ義歯の微調整から始まりました。

1日置かれたロウ義歯は、ワックスの収縮があるために、噛み合わせなどに誤差が生じてきます。

総義歯ライブ実習コース
人工歯排列では犬歯誘導を与えているため、咬合調整を行い、シュトラックデンチャーの咬合誘導を付与していきます。

総義歯ライブ実習コース
咬合調整を行い、歯肉形成をした状態です。

次にイボカップ重合を行います。
まず1次・2次3次埋没と行いました。

歯科医師の先生方は、普段見ることのできないラボワークの1つ1つを見学できる、とても貴重な時間だったのではないでしょうか。

総義歯ライブ実習コース
次に流蝋を行いました。
脱蝋の機械はWASSERMANN WAPO-EX8を使用しています。

ハーフフラスコを1度に8個流蝋することが出来、ハンドシャワーを使用することにより、作業効率を高めています。

総義歯ライブ実習コース
続いて重合を行いました。
油圧プレス機を用いて、上下のフラスコを3トンの力で圧接します。

総義歯ライブ実習コース
総義歯ライブ実習コース
次に6気圧の圧力をかけながらレジンを填入していきます。
それにより重合収縮の補正することが出来ます。

総義歯ライブ実習コース
総義歯ライブ実習コース
その後研磨を行い、完成したシュトラックデンチャーです。

総義歯ライブ実習コース
歯列のアーチ、床の外形、研磨のきめ細かさなど、どこから見ても綺麗でシュトラックデンチャーも模範のような義歯が出来上がりました。

IPSG認定技工士 小平雅彦先生をはじめ、ラボワークのメインアシストをして頂いたIPSG認定技工所MDLキャステティックアーツ代表 中沢勇太先生。

Weber dental Labor GmbH 峰岸真沙彦先生・丸山耕平先生。

どうも有難うございました!

それではいよいよ患者さまへの装着です。
まず完成義歯の評価としてピッチングテストを行いました。

総義歯ライブ実習コース
総義歯ライブ実習コース
微調整を行い、装着しました。

リップサポートも適正に付与され、ご自身の歯のように馴染んでいます。

また前方・側方誘導を行なっても、義歯は微動だにしていません。

総義歯ライブ実習コース
総義歯ライブ実習コース
その後フードテストを行い、受講生の先生方に義歯の適合を実際に触れて頂きました。

フードテストではピーナッツを食べて頂けることができ、一緒に来られた娘さまもとても喜ばれていました。

また実際に触れた先生方も義歯の適合や見た目の美しさに感動されていました。

総義歯ライブ実習コース
最後に患者さまが涙を流されながら感謝を伝えていただき、またこの後に記載しますが受講された先生方の興奮が伝わってくる、今回もとても素晴らしいセミナーとなりました。

今でも思い出すだけで、鳥肌が立ちます。

3日間受講して頂いた先生方、本当に有難うございました。

1年に1度の『総義歯Live実習コース』ですが、今から来年が楽しみです。

この3日間に携わって頂いた全ての方に感謝申し上げます。

レポート 稲葉歯科医院 歯科医師 林聡一

<<受講された先生方のご感想>>
▼フルデンチャーに対するイメージが変わりました。
確かな知識と技術が患者さんを幸せにする瞬間を見ることができました。
DVDを再度見直してまずは実践していきたいと思います。

▼スタディモデルの印象をとる時から完成の時の患者さんの表情が明るくなっていくのがすばらしかったです。

▼「分かっているつもり」「出来ているつもり」で日常の臨床をおこなっていたところが確認できました。

▼大変すばらしい内容の濃い講習会でした。
しかも今回日常臨床で悩むようなケースでとても参考になりました。

カテゴリー: セミナー研修会   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor