【臨床と実習で学ぶ!】IPSGの総義歯セミナー

【臨床とライブ実習で学ぶ!】IPSGの総義歯セミナー

先生方の周りでは、デンチャーの需要が増えていませんか?

特に、総義歯は今後益々増えていくと予想されます。
その流れに反比例して総義歯を作ることができる歯科技工士が激減し、CAD/CAMや3Dプリンターに置き換わっていきます。

これからは、歯科技工士にお任せではなく、先生方がデジタルを使いこなすために必要な知識が求められると思います。

デジタル化を上手に使いこなすためには、今後アナログの知識が重要なポイントとなるでしょう。

IPSGの総義歯セミナーは、保険治療ではなく自費診療として知識と技術を学んでいただくための勉強会です。


IPSGでは、『総義歯の臨床と治療』と『総義歯ライブ実習コース』の2つのセミナーを開催しています。

IPSGの代表 稲葉繁先生の総義歯は、ドイツチュービンゲン大学のシュトラックデンチャーを原型としています。

その手法は、稲葉先生が開発した『上下顎同時印象法』により行われます。
『上下顎同時印象法』とはその名の通り、上下を同時に印象する方法です。

簡単に言うと、口の中の情報をすべて丸ごとコピーして、咬合器にトランスファーする・・・という非常に画期的なシステムです。

「総義歯の基礎と臨床」セミナーの実践編「総義歯ライブ実習コース」も毎年、開催されるので、ぜひ実際に目で見て、触れていただきたいと思います。


総義歯セミナー関連情報 目次
<セミナー情報>
今後開催する総義歯セミナー

<学習ツール情報>
IPSGで販売中の総義歯DVD/Blu-ray

<過去セミナー記事>
過去に開催した総義歯セミナーのレポート
IPSGのセミナーの様子(1dayレポート)


<関連Q&A>
総義歯に関連するQ&A一覧


今後開催する総義歯セミナー

2019年
6月16日(日)
総義歯の基礎と臨床

総義歯の基礎と臨床
【料金】
▼歯科医師
会員 45,000円
一般 50,000円
再受講 20,000円

▼歯科技工士
会員 25,000円
一般 30,000円

【定員】20名

セミナー詳細はこちらセミナーお申し込みはこちら



※今年度のセミナー日程が終了している場合、来年の開催をお待ちください
※セミナー内容を収録したDVDも販売しておりますので、購入をご検討ください

2019年
7月13~15日
(土~月祝)
総義歯ライブ実習コース

総義歯ライブ実習コース
【料金】
▼歯科医師
会員 160,000円
一般 180,000円
再受講 120,000円
※懇親会ご希望の方は1万円合算入金でお願い致します。

▼歯科技工士
会員 100,000円
一般 120,000円

【定員】20名

セミナー詳細はこちらセミナーお申し込みはこちら



※今年度のセミナー日程が終了している場合、来年の開催をお待ちください
※セミナー内容を収録したDVDも販売しておりますので、購入をご検討ください


IPSGで販売中の総義歯DVD/Blu-ray

【DVD / Blu-ray】ライブで見せる 究極の総義歯Ⅱ
2011年7月に収録されたライブ実習です。総義歯のなかでも難症例のケースがこの度Blu-rayで新登場。(DVDもございます)



▼商品内容
総義歯ライブ実習とは3日間に渡り診断から完成まで、その工程をすべて患者様と研修者の前で行い、結果を出すという画期的な実習研修です。

実際に患者様とのやり取り、また製作、判断において先生が見たいポイントやIPSG認定技工士、岡部氏の排列も余すところなく収録。
稲葉繁先生からも「完璧」とお墨付きの商品です。

▼定価
・Blu-ray 全2巻 5時間38分
¥180,000 会員価格¥160,000(税別・送料別)

・DVD 全5巻 5時間46分
¥160,000 会員価格¥140,000(税別・送料別)

⇒ご購入はこちらから
⇒FAXでお申し込みの方は、こちらのお申し込み用紙をお使いくださいませ

【DVD】IPSG DVDライブラリー
■Vol.4「総義歯の基礎と臨床」

▼商品内容
第4弾は「総義歯の基礎と臨床」。
稲葉繁が開発した「上下顎同時印象」だけでなく、総義歯への理解を深めることができるセミナーの模様を余すところなく収録。

▼定価
¥45,000(税別・送料別)

⇒ご購入はこちらから
⇒FAXでお申し込みの方は、こちらのお申し込み用紙をお使いくださいませ


■Vol.5「総義歯ライブ実習コース」

▼商品内容
第5弾は「総義歯ライブ実習コース」。
技工士の岡部宏昭先生を迎え「上下顎同時印象法」から総義歯の完成までを間近で見られる画期的なセミナーの模様を余すところなく収録。

▼定価
¥120,000(税別・送料別)

⇒ご購入はこちらから
⇒FAXでお申し込みの方は、こちらのお申し込み用紙をお使いくださいませ


過去に開催した総義歯セミナーのレポート

■2014年

■2015年

■2016年

■2017年
■2018年

■2019年

総義歯に関連するQ&A一覧

Q.今回の総義歯ライブ実習の患者さんの筋症状に関して、先生はどのように考え、義歯を製作したのでしょうか?

Q.総義歯の大きさは年齢と共に小さくするのでしょうか?

Q.総義歯で、口蓋隆起がある方は、金属床で対応したほうがいいのでしょうか?また、床はどこまで覆ったらよいのでしょうか?

Q.総義歯の歯の大きさは、何を基準にどのように決めたらいいのでしょうか?

Q.総義歯における、ポストダムをつける意味、そして位置や形態、厚みについて教えてください

Q.総義歯の印象で、嚥下をする事の意味を教えてください

Q.総義歯の咬合高径はどのように決めたら良いのでしょうか?

Q.総義歯の患者へのラビリントレーナーの指導について教えてください

Q.総義歯の人工歯を選ぶときの色、形、大きさの基準を教えてください

Q.上顎の総義歯において、口を開くと外れる原因について考えられる事について教えてください。

Q.下顎総義歯の舌側臼歯部の床縁は、どこの位置まで伸ばせば良いでしょうか。

Q.日本の従来の総義歯とシュトラックデンチャーを原型とする稲葉先生の総義歯の違いについて

Q.総義歯の咬合形式について教えてください。

Q.反対咬合の総義歯製作において気をつける事について教えて下さい

Q.下顎顎舌骨筋線の印象を採るのに、有効、理想的な採取方法は?

Q.シュトラックデンチャーとBPSの違いを教えてください

Q.脳卒中で麻痺のある入れ歯の患者さんへの対応を教えてください

Q.シュトラックデンチャーを推奨していた、シュライヒ先生はどのようなことを教えていらっしゃったのでしょうか

Q.総義歯を装着前にチェックするポイントなどあれば教えてください。

Q.上下顎同時印象法とは?

Q.シュトラックデンチャーと従来の総義歯との形の違いについて教えてください。

Q.総義歯で口が開かない、クローズドロックの患者様はいらっしゃるのでしょうか。

Q.金属床を使わない、自費の総義歯をどのように患者さんに勧めたらよいでしょうか

Q.ダブルセントリックの排列及び咬合調整などで臨床的な解決法はありますか?

IPSGのセミナーの様子(1dayレポート)

IPSGセミナー1dayレポート
以下のページにて、IPSGのセミナーの様子を写真でご紹介しております。
ご参考にしていただければ幸いです。

①セミナー1dayレポートはこちら
②ライブ実習セミナー1dayレポートはこちら

※初参加の先生も大歓迎ですので、ぜひお気軽にご参加ください。