Q.総義歯の歯の大きさは、何を基準にどのように決めたらいいのでしょうか?

Q.総義歯の歯の大きさは、何を基準にどのように決めたらいいのでしょうか?

A.ご質問ありがとうございます。

総義歯は全ての歯を失っていますから、歯の色や形の再現は手掛かりがありません。

そのため、何か参考にする基準を利用するのが早道であると思います。まず、色ですが顔の皮膚の色を参考にします。

日本人は黄色人種と言われますが、人による変化はそれほどありません。もちろん黄色い肌と云っても純粋な黄色の人はいません。僅かなオレンジがかっていると思えば良いと思います。

その中でも色の薄い人、濃い人の差があります。
スキーで雪焼けした人、家外で仕事をする人等それぞれ違いますのですが、患者さんは白い色を希望しますので、実際には我々の考える色よりもワンランク白い色を選択すると気に入って頂けます。

人工歯の大きさは顔の大きさを参考にします。中切歯の大きさは顔の長さと幅を計測し、人工歯の長さは顔の長さの16分の1、顔の幅の16分の1が人工歯の幅であると言われています。

前歯の全幅は患者さんの鼻翼の幅は両側犬歯の尖頭の幅であると言われていますので、それを参考にすると良いでしょう。
実際に歯を選ぼうとした場合には、歯槽堤は吸収していますから、それを基準に選択しますと、どうしても小さめになってしまいます。

その場合には、口唇の印象を取ることが良いと思います。
上下顎を別々に印象した場合は口唇の印象は難しいのですが、上下顎同時印象では口唇の印象は簡単ですから、それを元にコアを取れば再現出来ますので、それを基準に排列すれば良いと思います。

前歯の選択しますと臼歯ですが、犬歯の遠心から臼後三角の遠心までの距離で選択すれば良いと思います。
現在の総義歯は歯槽頂間線法則は用いません、その代わり元あった所に歯を並べるのが良策です。



IPSGでは、総義歯に関するDVDも販売しております。よろしければこちらからご覧ください。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor