’18 11/11(日)『咬合治療の臨床(アドバンス)〜ハーモニックオクルージョン〜』開催されます

こんにちは。IPSG事務局稲葉由里子です。

今回開催される咬合治療の臨床(アドバンス)〜ハーモニックオクルージョン〜セミナーは、1991年から4年間に渡り日本歯科評論に連載したコラム「美の追究」をもとにした「審美」と「咬合」に関する内容です。

その一部をご紹介すると・・・

・ゲーテの色彩学
・歯科から見たダヴィンチの業績
・美の世界にみるイリュージョニズム~デンタルイリュージョン~
・日本人の歯と歯列の形態にみる美
・美人考
・歯の美と黄金律、1:1,618の法則
・アンテリアーガイダンス
・シェード・モードガイド
・ハーモニックオクルージョン(前歯と臼歯のハーモニー)
・南カリフォルニア大学のProf.Richterのセミナーを受けた時の審美の法則
など、審美と咬合に関しての内容が豊富で、ひとつの項目だけでも一日セミナーをする価値がある内容となっています。

■以前のセミナーの様子


▼以前のセミナーのレポート記事はこちら
http://www.ipsg.ne.jp/harmonic20170528-report/


審美歯科は一部の人が治療できる特別なことではありません。

歯を失った人こそ、もう一度美しくなりたいと強く思っていらっしゃいます。もちろん、総義歯の方も審美的に美しくありたいと悩んでいらっしゃいます。

審美と咬合のハーモニーに大切なのは、前歯と臼歯の融合すなわちアンテリアーガイダンスが非常に重要となります。

前歯にはEstheticsとFunction 審美と機能の役割があります。

審美的には、色彩と解剖学的形態、そして、機能とは、発音や機能する時の形態が関わりがあり、このふたつの要素を兼ね備える必要があります。

昨今、審美ばかりに目が向けられているように感じますが、材料に分析と機能をどのようにつけていくかという事が、非常に大切だということを今回のセミナーで学んでいただきたいと思います。


このセミナーは、ぜひ技工士の先生方にも受けていただきたいと思います。

ドクターとテクニシャンのやり取りが非常に円滑になりますし、なんとなくではなく、きちんとした法則で説明することができるようになると思います。

今回の咬合治療の臨床(アドバンス)をきっかけにして、ぜひ気軽に勉強して頂きたいと思います。

<<以前にこのセミナーを受講された先生方のご感想>>

▼自分がどのような歯科医師となるべきか、目標を決定するために何かきっかけが見つかればと思い、受講致しました。連合印象を行う際は寒天の硬化を待ってから、アルジネート印象を行うべきというお話は目から鱗が落ちる思いでした。

臨床実習で何度か連合印象を採りました寒天が流れてしまって重要なマージンの部分に残っていなかったので次回から先生のやり方を真似させて頂きたいと思います。
稲葉先生は多分野にわたって造詣が深くていらっしゃるので歯科と直接関係ない分野に関しても色々とお話を伺いたいと思います。

大学病院で行われている臨床とは全く違った世界があることを知り、非常に刺激的な一日でした。臨床実習ではリーゲルテレスコープの臨床を見る機会がなかったのでいつか自分でやってみたいと思います。(日本歯科大学6年生 学生)


▼生体にあった咬合、審美性を勉強したく受講しました。
アピアランスガイドは、スタディーモデルの際、実行したいと思いました。

患者さんとのコンサルの際に利用したいです。 実際の中心位の採得の方法、臨床における治療計画及び手順をもっと知りたかったです。
フルハウスの治療計画、手順をもっと勉強したいです。その際にフルデンチャー、パーシャルデンチャーの考え方を今一度学びたいです。今後も参加したいと思います。


▼セラミックにおいて、きれいな歯並びを評価する方法が今までわからなかったので勉強になりました。


▼審美に対する考え方が変わりました。早速明日からの診療に応用したいと思います。私は美術館巡りが好きなので、今後目線を変えて見てみたいと思います。有難うございました。


▼稲葉先生のテレスコープ以外の貴重なケースを見ることができて良かったです。上下フルマウスのケースの15年経過したスライドは素晴らしかったです。感動しました。


▼天然歯の形態を今まで追求してきまして、もっと良いバランスのとり方を学びたいと思いまして、受講に至りました。等比螺旋がすごく興味があり、美しいと単純に考え感じられるものも理解しようとする人間の本質を感じられました。美術品に興味はありましたが、それはあくまで美しいと感じることだけで満足していました。それをもっと深く理論づけて理解することの楽しさを発見しました。有難うございました。


▼審美・衛生・咬合・・・バランスのあるところに美がある。常々稲葉先生が言われているように、バランスのとれた治療が大切で有ることを再確認いたしました。


▼本日、ハーモニックオクルージョンに参加させて頂きましたが、今回で3回目位になると思います。参加された先生方で四国より考えている方や日本歯科大学6回生の方、若い方々の勉強には感心致しました。又、自分も負けていられない気持ちになりました。先週顎咬合学会の認定試験も終わり、今年も半分になりましたので、目標をもって治療に取り組みたいと思います。


セミナー概要


研修名 咬合治療の臨床(アドバンス)
〜ハーモニックオクルージョン〜
研修日程 11月11日(日)
時間 10:00~17:00迄 ※お昼はお弁当をご用意しています。
研修内容 日本歯科評論に連載したコラム「美の追究」を元にした内容

▼研修で使用するテキスト(※全144ページ)
美の追究
▼テキスト内容の一部
・ゲーテの色彩学
・歯科から見たダヴィンチの業績
・美の世界にみるイリュージョニズム~デンタルイリュージョン~
・日本人の歯と歯列の形態にみる美
・美人考
・歯の美と黄金律、1:1,618の法則
・アンテリアーガイダンス
・シェード・モードガイド
・ハーモニックオクルージョン(前歯と臼歯のハーモニー)
・南カリフォルニア大学のProf.Richterのセミナーを受けた時の審美の法則
費用 ▼歯科医師
会員 45,000円
一般 50,000円
再受講 20,000円

▼歯科技工士
会員 25,000円
一般 30,000円
⇒歯科技工士の方のセミナー参加特別価格のご案内はこちら
定員 20名
開催場所 ◆IPSGセミナールーム
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-7-3 田中ビル5F

◆アクセスマップ
秋葉原駅西口出口より徒歩7分
銀座線末広町駅1番出口より徒歩0分
http://www.ireba-inaba.jp/1020access/
※振込受領書をもって領収書に代えさせて頂きます。
※振込手数料はご負担お願い致します。
※ご入金をもってお席確保とさせて頂いております。
みなさまのお申込みをお待ちしております。

▼お申し込みはこちらから。
http://www.ipsg.ne.jp/seminar-apply/

※セミナーに参加できない先生方に向けて、IPSGでは、ハーモニックオクルージョンに関するDVDを販売しております。

■IPSG DVDライブラリ Vol.6
『ハーモニックオクルージョン』

審美と咬合のハーモニーについて、日本と西洋の美の違いやゲーテの色彩学などを分析しながら、パワーポイント素材を使って分かりやすく解説しております。

ぜひDVDもご活用いただければと思います。

ハーモニックオクルージョンDVD

⇒DVDの詳細はこちらから

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor