Q.脳梗塞で右麻痺がある方で、顎の変位があるのですが、マッサージで改善されるのでしょうか?

Q.脳梗塞で右麻痺がある方で、1ヶ月前から下顎が右に変位してきています。左の56にロールワッテを置き咬ませると、顎は戻ります。

顎の痛みもなく、関節を触っても異常はないようになのですが、こういう場合はマッサージなどで改善されるのでしょうか?また、どのようなマッサージがよいですか?

全歯牙あります。臼歯部は補綴で処理されています。口腔内は同じように感じるようで舌の動きも左右に動きます。
宜しくお願い致します。

A.ご質問ありがとうございます。

脳梗塞による右麻痺ということですが、左に比べて感覚がありません。
したがって、舌も同様に麻痺があると考えます。

また、口を開けてみて口蓋垂も同様に麻痺があるため右に傾いていると思います。

この様な状態のリハビリテーションでは健常側で麻痺側をカバーして機能を保つことが必要です。

食べ物なども麻痺側の頬側に溜まりますから、咀嚼中は時々介助する人が頬の外側から溜まった食塊を送り込み、食事を補助してください。

麻痺のある場合のリハビリテーションはこれまでに良いディバイスがありませんでしたが、私の開発したトレーニング器具としてラビリントレーナーが非常に効果的です。

口腔機能を回復するために口輪筋、舌等の口腔周囲筋を鍛えるもので、非常に効果があります。

寝たきりの人で摂食嚥下機能が落ちた人でも、起き上がって自分で食事ができた人も居ます。

ぜひラビリントレーナーをお試しください。

■お知らせ

IPSGでは、顎関節症についてのセミナーを開催しております。

Q&AでIPSGにご興味を持たれた先生は、技術についてより深く学ぶことのできるセミナーにもご参加いただけたらと思います。



セミナーに参加できない先生方には、顎関節症に関するDVDも販売しております。
よろしければこちらからご覧ください。

⇒IPSGで販売している顎関節症のDVDはこちら

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor