Q.顎関節症は、開口訓練で治るのでしょうか。

Q.3年ほど前から、顎関節の違和感痛みで悩んでいます。
大学病院では何もできず、ひたすら口を開く練習をしていました。

しかし、痛みと食べづらさは今もなお続いております。
口を開く訓練で治るのでしょうか。

A.最近の傾向として顎関節症は手をつけない方が良い、歯を削ってはならないという風潮があります。

そのような考えが生まれた原因はいくつかあります。

顎関節症の原因となる要因がはっきり分からないことと診断方法が確立されていない事があることなどです。

咬合診断を行うための患者さんの口の中の模型診断、コンピュータによる顎関節の運動分析など診査診断に保険が適用されていません。

さらに顎関節症の原因には咬合は関係ないという風潮があります。

そのため、大学病院でも積極的に取り組まない原因があるのではないかと思います。

本来顎関節症の治療は、問診に始まりフェースボーによる模型診断、レントゲン撮影、顎関節音の聴診、顎機能検査をもとに口腔内の直接診査、関節内の下顎頭の位置の診断を行い、それを元に治療方針の決定を行います。

治療は原因となっている歯を抜く口腔外科的な治療、歯並びを治す矯正治療あるいは模型診断に基いた咬合治療が行われます。

これらの治療により症状の改善が認められれば、その後のリハビリとして開口訓練、マッサージなどの理学療法を実施します。

ただ単に痛みを伴う関節に対し開口訓練を行っても治りませんし、逆に悪化させてしまう危険性があります。

このような事情から顎関節症の治療は様々な要素が重なっている場合が多く、一つ一つ原因を取り除き、様子を見ていく必要があります。

開口訓練のみでの対応ではなく、様々な治療方法を身につけておくと良いでしょう。


カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor