Q.顎関節が円板から落ちているのを判断するのに有効な方法を教えてください

Q.顎関節が円板から落ちているのを判断するのに有効な方法を教えてください。

クローズドロックの場合、どちらが落ちているのか分からないことがあります。

A.クローズドロックの患者様は、無理やり口を開けるととても痛がります。

クローズドロックという状態は関節円板が前方に転位して口を開けるときにつっかえている状態です。
中心位で顆頭が回転だけしている状態。開口量は2.5センチ以内です。

左右の顎関節のどちらがクローズドロックしているのか調べるテストが2つあります。

もちろん口を開いた時に痛みがある方だと思っていただければいいのですが、慢性的な場合、私たちも診断できない場合があります。

その時に有効なのが、

・レジリエンツテスト
・プロボケーションテスト


です。

レジリエンツ(Resilienz)テストとは、例えば右側に4~5ミリ程度のボクシングメタル(アルミの箔)を臼歯部で噛ませて、左側で噛んでもらいます。

関節円板にのっているのであれば、上下の歯は近づいてきて接触します。

もし、関節が落ちているのであれば上下の歯は開いたまま近づきません。
なぜなら、関節窩と下顎頭が関節円板を介していないため接触しているためです。

稲葉繁はこのテストを、ドイツ、チュービンゲン大学のシュルテ教授から教わったそうで、日本ではまだ見たことがありません。

慢性化してるクローズドロックの方でどちらが落ちているのか判断するときに非常に有効です。

プロボケーションテスト(症状誘発テスト)はワッテや割り箸のようなものを片方の顎ずつ噛んでもらい、痛みの閾値を調べる検査です。

クローズドロックの状態になったばかりの初期の段階だと特に反応がでやすく、このテストも判断するのに有効です。




■お知らせ


セミナーに参加できない先生方には、顎関節症に関するDVDも販売しております。
よろしければこちらからご覧ください。

⇒IPSGで販売している顎関節症のDVDはこちら

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor