Q.口を開くときに、顎がポコッと横に出る方がいらっしゃいますが、どうしてでしょうか?

Q.口を開くときに、顎がポコッと横に出る方がいらっしゃいますが、どうしてでしょうか?

A.関節円板は前方転位だけではなく、側方転位もします。
関節円板が内側方に落ちた時、顎関節はポコッと飛び出したようにみえます。

口を開けるとき、真っ直ぐ開けることがどうか、どのくらいの開口量か、に加えて顎関節の位置を常に意識してください。

そして、口を開けるときの方向も大切です。
もしも、口を開けたときに右の方向に傾いて開いたとしたら、右側の顎関節の関節円板がとまっている状態です。

内側に転位しているとしたら、顎関節がポコッとでることもあるかと思うので、そういう視点でみるようにしてください。

耳の穴に指を入れて、中心位と中心咬合位のズレを確かめることも大切です。

■お知らせ

IPSGでは、顎関節症についてのセミナーを開催しております。

Q&AでIPSGにご興味を持たれた先生は、技術についてより深く学ぶことのできるセミナーにもご参加いただけたらと思います。



セミナーに参加できない先生方には、顎関節症に関するDVDも販売しております。
よろしければこちらからご覧ください。

⇒IPSGで販売している顎関節症のDVDはこちら

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor