Q.レジリエンツテレスコープは、どのような場合に有効なのでしょうか?

Q.レジリエンツテレスコープは、どのような場合に有効なのでしょうか?

A.強支持型の義歯(コーヌスクローネ、リーゲルテレスコープなど)の禁忌症として2つのケースがあげられます。

それは、2点支持の場合、各々の維持歯が歯列を対角線状に横切ったり、真横に横断した場合です。

犬歯および反対側の第二大臼歯が残存し、歯列を対角線に横断する軸が生じた場合、これを支点として左右にシーソー現象が起きるため、維持歯にダメージを与えてしまいます。

また左右小臼歯のように、歯列の前後的中間部に維持歯が存在しているような場合、歯列を横断して回転軸が生じ、義歯は前後的にシーソー現象が起きるため、支点となる維持歯にダメージを与えてしまいます。このような症例に遭遇した場合、コーヌスクローネなどの応用は危険が伴います。

維持歯の歯根長が比較的長く、歯冠長が短い場合や、患者様の義歯装着の経験が長く、粘膜の被圧縮度の少ない場合には、コーヌスクローネを適応することも可能ですが、床面積を可能なかぎり広げることや、印象採得の際できるかぎり粘膜を圧迫した機能印象を採得し、義歯の沈下を防止するような方策をとり、義歯装着後の予後観察も十分に行う必要があります。

このような場合、あえてコーヌスクローネやリーゲルテレスコープを応用しなくても、義歯の沈下量を予め内冠と外冠の間に緩衝腔として与えておくようなテレスコープシステムであるレジリエンツテレスコープの応用が推奨できます。

上顎レジリエンツテレスコープ、下顎リーゲルテレスコープ 上顎レジリエンツテレスコープ 下顎リーゲルテレスコープ

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:.。o○☆゜・:,。

レジリエンツテレスコープは、口元を自由に作ることができるので患者様に非常に喜ばれるテレスコープです。
残存歯が少ないからこそ、患者様は大事にされています。

以前、レジリエンツテレスコープで治療をされた方が、
「私にとって、とても大事なことは。残存している根を利用しているので、完全なる総入れ歯とは違い取り外しの出来る差し歯的な感覚です。
自分の歯の根を利用できることでプライドが保てますし、年寄りくさく惨めな気持ちにならないですみます。」
とメールをいただいたのですが、なるほど。と思ったものです。

数本でも歯があることで、プライドが保てる。
という気持ちに答えられるのが、レジリエンツテレスコープだと思います。


カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor