Q.鼻呼吸時の正しい舌の位置を教えてください

Q.口呼吸による免疫力の低下を主張している先生によると、口呼吸の多くの人が低位舌で、舌筋の力が弱く咀嚼筋・口輪筋も弱く口が閉じられず口が開いてしまうと述べていますが、通常安静位では低位舌だと思います。

これは鼻呼吸をしていても(口を閉じていても)同じだと思うのですが、鼻呼吸時の正しい舌の位置を教えてください。

また鼻呼吸時の下顎は安静位をとるのが普通なのでしょうか。

A.口呼吸と鼻呼吸に関する質問ですが、最近この問題をよく耳にします。
私も昔からこの問題(特に舌の問題)に興味があり、多くの文献を探りました。

行きついたところは、やはり哺乳瓶の問題でした。
正しい舌の位置は、安静位では舌の先は上顎前歯の舌側に位置付けられていることが大切です。

しかし質の悪い哺乳瓶ではニップル(乳首)の先に大きな孔が空いており、赤ちゃんが自分の力で哺乳しなくても、自然にミルクが流れ出てくるためそれを避けようとして、舌の先を外に出すような動きが生じてしまいます。

その結果として舌が下方に位置付けられ、口呼吸が生まれるようになってしまうと私は考えております。

口呼吸の弊害は大きく、鼻呼吸への治療が必要です。

そのためラビリントレーナーの小児用を以前から考えていましたが、まだ実現しておりません。

その目的のために、とりあえず治療用として一番大きなオシャブリの使用を勧めています。
鼻呼吸時の下顎の位置は、安静位を取っています。

カテゴリー: Q&A, 嚥下・ラビリントレーナー関連   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor