Q.頸椎の7番目、腰椎の10番目の触り方とオクルージョンとの関係を教えてください

Q.オクルージョンのセミナーで、頸椎の7番目、腰椎の10番目の触り方のお話がありましたが、それとオクルージョンとの関係を教えてください

A.ご質問ありがとうございます。

先日オクルージョンのセミナーを開催しました。
その時に触診を行い、特に首周囲の触診の仕方を詳しくやりました。

頸椎の7番目は、一番下の大き刺突起を持って入りところで、頸椎の姿勢を保つのに症状が出やすいため、特に頭を支える時に大切な場所です。
さらに胸椎の10番目は僧帽筋の停止部で、同様に症状が出やすいところです。

舌癖のある患者様では、嚥下の際に下顎を前方に押し出すのにこれを支える頸椎や僧帽筋を使うため、症状が出現しやすいことになります。

したがって、舌癖の患者様は胸椎の10番目に痛みを伴う方が多いです。

■お知らせ

IPSGでは、顎関節症についてのセミナーを開催しております。

Q&AでIPSGにご興味を持たれた先生は、技術についてより深く学ぶことのできるセミナーにもご参加いただけたらと思います。



セミナーに参加できない先生方には、顎関節症に関するDVDも販売しております。
よろしければこちらからご覧ください。

⇒IPSGで販売している顎関節症のDVDはこちら

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor