【ライブ実習で学ぶ!】IPSGのパーシャルデンチャーセミナー

このページでは、IPSGで開催しているパーシャルデンチャー・テレスコープシステムのセミナー情報をまとめてお届けいたします。


インプラント治療に躊躇した経験ありませんか?

現在、欠損補綴治療の第一選択はインプラントという傾向は顕著です。

しかし、中高年者の多くが、骨粗鬆症をはじめとする全身疾患がある、体力や気力の衰えで手術を望まない方々が多いのも現状です。

その際の新たな選択肢になるのが、歯科先進国ドイツで開発された「テレスコープシステム」です。

テレスコープシステムは開発から130年以上の歴史があり、長期症例は30年以上!
世界で高評価を得ているドイツのパーシャルデンチャーです。

本セミナーを通じて、コーヌスクローネをはじめとする各種テレスコープシステムのパーシャルデンチャーを学びませんか?

超高齢社会を迎えた今だからこそ、この技術が必要とされるのではないでしょうか。
下記の各セミナーについて、ぜひご参加いただければと思います。




今後開催するパーシャルデンチャーセミナー

2019年
1月13日(日)
正統派コーヌスクローネセミナー
〜設計と適応症〜

正統派コーヌスクローネセミナー
【料金】
▼歯科医師
会員 45,000円
一般 50,000円
再受講 20,000円

▼歯科技工士
会員 25,000円
一般 30,000円

【定員】20名

セミナー詳細はこちら
セミナーお申し込みはこちら


※今年度のセミナー日程が終了している場合、来年の開催をお待ちください
※セミナー内容を収録したDVDも販売しておりますので、購入をご検討ください

2019年
2月10,11日
(日,月祝)
パーシャルデンチャーとテレスコープシステム 理論と実習コース

パーシャルデンチャーとテレスコープシステム 理論と実習コース
【料金】
▼歯科医師
会員 140,000円
一般 160,000円
再受講 80,000円

▼歯科技工士
会員 80,000円
一般 100,000円


【定員】限定10名

セミナー詳細はこちら
セミナーお申し込みはこちら


※今年度のセミナー日程が終了している場合、来年の開催をお待ちください
※セミナー内容を収録したDVDも販売しておりますので、購入をご検討ください



IPSGで販売中のパーシャルデンチャーDVD/Blu-ray

【DVD】正しく理解するテレスコープシステムの臨床
過去・現在・未来 2日間デモコース

正しく理解するテレスコープシステムの臨床
この作品を通じて、歯科技工士はもとより、歯科医師の皆様と共にテレスコープシステムの工程をご理解いただければと思います。

残念ながら、今まで日本におけるコーヌステレスコープは正しく伝えられてきませんでした。

私はドイツの著名なる先生方から、第一次情報を直接学びました。それを基に歯科医学を学ぶ皆様に正しく理解していただくために、この作品を製作いたしました。

■テレスコープのルネッサンス
日本のテレスコープシステムは、一時的に影をひそめていましたが、ドイツではCAD/CAMの発達により、テレスコープシステムが盛んに使用されています。我国でも将来テレスコープシステムは主流になっていくと思います。

私はこのシステムは歯を長く保存し、患者の口腔機能を健全に保つことを確認しています。

稲葉 繁

▼商品内容
DISC1:Day1 コーヌステレスコープの製作
DISC2:Day2-1 テレスコープクラウンの基礎と臨床
DISC3:Day2-2 リーゲルテレスコープ製作実習
DISC4:Day2-3 レジリエンツテレスコープの臨床・製作方法・設計

▼定価
・DVD4枚組 ¥100,000 会員価格¥80,000(税別・送料別)

⇒ご購入はこちらから
⇒FAXでお申し込みの方は、こちらのお申し込み用紙をお使いくださいませ

【DVD】IPSG DVDライブラリー
Vol.3「パーシャルデンチャーの設計と製作実習コース」

▼商品内容
第3弾は「パーシャルデンチャーの設計と製作実習コース」。
実際に技工士をお迎えし、テレスコープ製作を見て学べる画期的なセミナーの模様を余すところなく収録。

▼定価
¥70,000(税別・送料別)

⇒ご購入はこちらから
⇒FAXでお申し込みの方は、こちらのお申し込み用紙をお使いくださいませ


過去に開催したパーシャルデンチャーセミナーのレポート

■2014年

■2015年

■2016年

■2017年

■2018年


パーシャルデンチャー・テレスコープに関連するQ&A一覧

■テレスコープ義歯全般

Q.歯周病の方にもテレスコープシステムは適応になりますか?

Q.テレスコープの金属床の設計について、ポイントはありますか?(トーションバー、シュパルテの活用)

Q.テレスコープ・デンチャーの設計に関して、教えてください

Q.テレスコープシステム内冠の形成量、切削量は?

Q.パラレルテレスコープとは、どのようなテレスコープでしょうか?

Q.片側遊離端症例では、コーヌスクローネとリーゲルテレスコープどちらを選択すれば良いでしょうか?

Q.可撤性テレスコープにすることで、インプラントと天然歯の連結は可能でしょうか?

Q.下顎をテレスコープシステムで治療を行う場合のリンガルバーの役割について教えてください

Q.テレスコープシステムの印象について教えてください

Q.下顎両側遊離端のパーシャルデンチャー、テレスコープ症例の辺縁の長さや厚みの目安について教えて下さい。

Q.テレスコープシステムの義歯は、装着したまま就寝しても問題ないのでしょうか?

Q.パーシャルデンチャーの大連結子について詳しく教えてください

■コーヌステレスコープ

Q.コーヌスクローネはどうして評判が悪くなってしまったのでしょうか?正しい製作法に関しての本などありましたら、教えていただきたいと思います

Q.コーヌスクローネの支台歯が動いて、上手くセットできませんでした。解決策は?

Q.コーヌスクローネのオクルーザルコアとは、何でしょうか?

Q.コーヌスクローネの維持力が落ちてしまう原因について教えてください

Q.コーヌスクローネを手で研磨したときと、機械で研磨したのでは、どのくらい研磨面に差があるのでしょうか?

Q.コーヌスクローネの内冠と外冠をゼロフィッティングさせるには、どうしたらいいでしょうか?

Q.コーヌス角はテーパーの半分と教えていただきましたが、コーヌス角とテーパーは何が違うのでしょうか?

Q.コーヌスクローネの横型研磨器とは、どのような目的で使われるのでしょうか?

Q.コーヌスクローネの禁忌症、欠点などあれば教えて下さい

Q.コーヌスクローネの内冠、外冠のセット方法について教えてください

Q.コーヌスクローネの支持コーヌス、維持コーヌスはどのように使い分ければいいのでしょうか?

Q. 片側遊離端症例のコーヌスクローネの注意点はありますか?

Q.コーヌスクローネ、コナトアの使用方法ついて教えてください

Q.下顎前歯のコーヌスクローネの維持力を出すには、どのようにしたら良いでしょうか

Q.コーヌスクローネ、内冠と外冠のセットの仕方について教えてください。

Q.コバルトクロムによる、コーヌスクローネの応用について、 稲葉先生はどのようにお考えでしょうか。

Q.コーヌスクローネと放電加工術によるフリクションピンの組み合わせについて、稲葉先生のご見解を伺いたいと思います。

Q.コーヌスクローネの内外冠試適時にコーヌス力の確認をするには?

Q.コーヌスクローネとクラスプを併用した局部床義歯は設計が悪いのでしょうか?

■リーゲルテレスコープ

Q.リーゲルテレスコープの旋回リーゲルと回転リーゲルの違いと、それぞれの適応症を教えていただければと思います

Q.リーゲルテレスコープの破折を防ぐには、どのような事に気をつけなければいけないでしょうか?

Q.片側リーゲルテレスコープのバイトの採り方はどのようにすればよいのでしょうか。

■レジリエンツテレスコープ

Q.レジリエンツテレスコープの支台歯はなぜ4本以内なのでしょうか?

Q.レジリエンツテレスコープは支台歯がインプラントで応用することができるのでしょうか?

Q.レジリエンツテレスコープはどのような場合に有効なのでしょうか?

Q.レジリエンツテレスコープの骨隆起や顎堤のアンダーカットがある場合、どのように対応すればよいでしょうか?

Q.レジリエンツテレスコープで保存可能な動揺度、あるいは利用可能な基準について教えてください


IPSGのセミナーの様子(1dayレポート)

IPSGセミナー1dayレポート
以下のページにて、IPSGのセミナーの様子を写真でご紹介しております。
ご参考にしていただければ幸いです。

①セミナー1dayレポートはこちら
②ライブ実習セミナー1dayレポートはこちら

※初参加の先生も大歓迎ですので、ぜひお気軽にご参加ください。