Q.Immediate side shift、Progressive side shiftについて教えてください

Q.Immediate side shift、Progressive side shiftについて、どのような動きなのか、本を読んでいてもなかなか理解できないので、解説していただけると助かります。

A.顎の開閉運動や側方運動は顎関節の回転運動と滑走運動で行われます。

たとえば、顎を後ろに引き、口を開けると途中で開かなくなります。
さらに開けようとすると、下顎は前方に滑走しながら最大開口します。

すなわち、途中までは下顎頭は回転のみを行います。その量は約2.5センチです。

さらに、口を開けると下顎頭は滑走を行い、平均4センチ程度開口します。側方運動では作業側では回転を行い、平衡側では滑走を行います。

これを詳細に観察すると作業側では純粋な回転ではなく、わずかに側方に移動しながら回転します。これを『Laterotrusion』と呼んでいます。

その時、平衡側では前内下方に滑走します。作業側で純粋な回転をした場合には、平衡側では作業側の下顎頭を中心に平衡側では、大きく円を描きます。

しかし、回転しながら側方移動した場合には、下顎頭は作業側に移動しながら前下方に滑走します。
その時の滑走を始める初期の平衡側の顎の横への滑走運動を、サイドシフト『Side  shift』と呼びます。

フロリダ大学のLundeen教授は50人の下顎頭の動きを、両側で100症例の側方運動を調査した有名な報告があります。

作業側の動きにより平衡側の滑走の性質が変化します。
それも下顎頭が動き始めてから5ミリの変化でSide shiftが変わります。

動き始めと同時にSide shiftするのが『Immediate side shift』ISSと呼んでいます。

動き始めの5ミリを通り過ぎると、動きの性質はほとんど変わらず、矢状面に対して変化なく平均5度から10度で『Progressive side shift』は7度程度であると言われています。

したがって、動き始めの5ミリは『Immediate side shift』に影響され、その後の『Progressive side shift』は約7度であると考えておけば良いでしょう。

しかし、しばしば側方顆路が30度にもなるケースもありますが、その時には側方顆路を10度与え、残りをISSで処理すればよいと思われます。

これらの矢状顆路角や側方顆路角は咬合面の形態、すなわち咬頭の高さや窩深さに影響を与える要素であるので、注意が必要です。

*:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆*:゜・:,。*:.。o○☆゜・:,。

スチュアートグルーブ同様、なかなか言葉だけだと、理解することが難しいと思いますが、『咬合治療の臨床』セミナーで詳しく学んでいただく事ができます。

ご興味のある方はぜひ、いらっしゃってください!

 ▼IPSGで開催しているセミナーはこちら
 http://www.ipsg.ne.jp/seminar-schedule/

 ▼お申込みはこちらから
 http://www.ipsg.ne.jp/seminar-apply/

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor