’17 7/29,30(土,日)『シークエンシャルオクルージョンに基づいた咬合再構成』セミナー開催されます

オーストリア・ウィーン大学留学のご経験があり、日本顎咬合学会常任理事、歯科技工士部会部長である榊原功先生のシークエンシャルオクルージョンのセミナーが開催されることになりました♪

シークエンシャルオクルージョンとは、パラファンクション(ストレス管理としてのクレンチングやブラキシズム)において重要な意味を持つ咬合のことです。

今回は、歯科医師の先生方に、下顎の運動状態に調和した咬合再構成について、オーストリアンナソロジーのスラヴィチェックのワキシング理論から学んでいただきたいと思います。咬合再構築にあたっては、セファログラムによる骨格の形態や咬合平面の分析、アキシオグラフによる下顎 運動経路の解析などの診査が有効となります。

これらの診査から得られたデータを基に下顎位、咬合平面の傾斜、 オクルーザルガイダンスの傾斜、与えるべき咬合様式などを決定します。

生体の持つガイダンスの順次性に従って後方大臼歯から順次、前方歯牙へと誘導の 傾斜を強め最終的に犬歯誘導型のシークエンシャルオクルージョンをワキシングから学んでいただきたいと思います。

上下顎関係はアングルI級 咬合の獲得を目指す、これは上下顎大臼歯における1歯対2歯の関係であり、咬合の維持安定のための重要 なポステリアサポートとなる大臼歯のオクルーザル・コンタクトポイント、ならびにアンテリアガイダンスと犬歯誘導の確立について、詳しく実習を通じてお伝えしたいと思います。

ぜひ、沢山の方々のご参加お待ちしております。

【満員御礼】キャンセル待ちとなります。

セミナー概要

研修名 シークエンシャルオクルージョンに基づいた咬合再構成
研修日程 7月29,30日(土,日)
時間 1日目 10時~17時
2日目  9時~16時
費用 会員価格 12万円 
一般価格 14万円
※材料費込
※税別
定員 8名【満員御礼】キャンセル待ちとなります。
開催場所 Weber dental labor

◆アクセスマップ
〒113-0034 東京都文京区湯島2-14-4 STビル3F
http://weber-dental-labor.com/access
03-5856-6787
講師 榊原功二先生
榊原先生のプロフィールはこちら
※振込受領書をもって領収書に代えさせて頂きます。
※振込手数料はご負担お願い致します。
※ご入金をもってお席確保とさせて頂いております。
みなさまのお申込みをお待ちしております。

▼お申し込みはこちらから。【満員御礼】キャンセル待ちとなります。
http://www.ipsg.ne.jp/seminar-apply/

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor