’17 7/2(日)『総義歯の基礎と臨床』セミナー開催されました①

2017年7月2日に『総義歯の基礎と臨床』のセミナーが開催されましたので午前と午後に分けてご報告させていただきます。


今回も全国から沢山の歯科医師、歯科技工士の先生方にお集まり頂きありがとうございました。

今日、超高齢社会となった日本では総義歯の需要が益々高まっています。

患者さんによりよい入れ歯を提供したい、つくりたいそう思う歯科医療従事者は多いと思います。

IPSG代表稲葉繁先生が考案されました「上下同時印象による総義歯システム」は考案されて20年以上経過しましたが患者さまにとっても歯科医師、技工士にとても良い結果を残しております。

「上下同時印象による総義歯システム」は稲葉繁先生がドイツのチュービンゲン大学で学んだシュトラック教授のシュトラックデンチャーの技術を原点とし改良したものです。

今セミナーでは源流から応用までを稲葉繁先生とIPSG 副会長の岩田光司先生にお話しいただきました。


まずは稲葉先生からの講義から始まりました。


日本の総義歯の歴史は古く世界最古だと言われています。

さらにその義歯は蜜蠟を用いてなんと上下同時印象法で製作されていました。

材料は現在と違って木で製作され、木床義歯と言います。

とても精密に作られ歯槽堤によく適合し、長期期間使用した証拠である摩耗した義歯がみつかっています。

それは、一塊でデンチャースペースを印象採得されているので位置が狂わない為たど仰っておりました。

一つの物を2つに割りまた戻すと当然のことながら元の位置に戻ります。

理にかなっているこの考え方を原点とし現代に生かした技術が上下同時印象だと説明してくださいました。

細かな説明をしてくださる前に、印象採得の動画を視せて頂きました。


受講生の先生方が驚かれているのが手に取るように分かりました。

百聞は一見に如かずと言いますが、これでイメージがつき次のからスライドの理解がより深まった事でしょう。


上下同時印象の利点はたくさんありますがその中から1つ紹介させていただきます。

この上下同時印象を成功させるカギは個人トレーの製作にあります。

そして上下同時印象用個人トレー製作に欠かせないのが、ボーダーがしっかりとれた模型とSIバイトトレーです。

SIバイトトレーに着目します。
これは稲葉先生が開発した無歯顎または少数残存歯向けにとても簡便に咬合採得ができる道具です。

これを使用し模型をマウントします。
咬合採得した位置で個人トレーを製作しその位置で印象採得が行われる為、理想的なバランスを取る事が可能です。

個人トレーは上顎につけるブーメラン、模型のトリミングの仕方、個人トレーの外形線(特にサブリンガルルームを意識する。)、印象時そのままフェイスボウトランスファーする為の六角ネジの取りつけなど画期的なアイディアがふんだんに盛り込まれています。


講義中は質問が飛び交い、実際の上下同時印象や完成した義歯の外形の説明など終始暖かな雰囲気の中受講生の先生方は熱心に耳を傾けておりました。

午前中はここまでです。
お昼をはさみ、引き続き稲葉繁先生の講義からスタートです。

▼レポート②はこちら
http://www.ipsg.ne.jp/sougishi-kiso-20170702-report2/

カテゴリー: セミナー研修会   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor