Q.総義歯の患者へのラビリントレーナーの指導について

Q.総義歯の患者へのラビリントレーナーの指導は義歯を入れたままなのか、もしくは、外して行った方が良いのかどちらでしょうか。
また、診療台に座って頂いて行った方がいいのか、普通の椅子の方が良いのかもご教授いただければと思います。

A.総義歯の維持は義歯の内面と粘膜面の適合性によるウォーターフィルム現象、すなわち2枚のガラスを重ね合わせて、その間に水を介在すると外れにくくなりますが、ガラスの間に空気を入れると簡単に外れてしまいます。

従って義歯の辺縁封鎖が上手に出来れば義歯は外れにくくなります。
さらに口腔周囲筋により側面から抱え込むようにサポートすると、ますます義歯は外れにくくなります。

高齢者になると口腔周囲筋の力が弱くなりますので、この様な人に口腔周囲筋の訓練器具であるラビリントレーナーを使い、頬筋、口輪筋さらに舌の力を強化する事により義歯の維持安定性を増す事が可能となります。

ラビリントレーナーで口腔周囲筋を強化する場合、義歯を入れたまま行うか、或いは外して行うかという事ですが、最初は義歯を入れたまま行ってみて下さい。

口腔周囲筋が義歯をサポートしている感覚が実感できると思います。
ラビリントレーナートレーナーの翼の部分が義歯と唇の間に入れにくい場合には、義歯を外して訓練しても問題は有りません。

口の中にしっかり入れて、ホルダーを握り、前方に引き、同時に口を閉じて口輪筋と頬筋を鍛えて下さい。
この時舌の先をトンボの部分にしっかり押し当てて下さい。

この訓練は1日3回行うと効果的ですが、朝夕に出来れば良いと思います。
従って訓練は立って行っても椅子に座って行っても差し支え有りませんが、準備運動として起立したり、深呼吸する事をお薦めしますので、その時は立って行って下さい。




カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor