Q スポーツマウスガードを製作できるラボについて問い合わせがあったのですが、どうしたらよいでしょうか?

Q スポーツマウスガードを製作できるラボについて問い合わせがあったのですがどうしたらよいでしょうか?

○○県歯科医師会から、スポーツマウスガードの製作できるラボについて問い合わせがありました。

私のラボには機材が揃っているのですが、今までスポーツマウスガードを作った経験がありません。ネットで調べても詳しい内容が見つかりませんでしたが、一層式・二層式・ワックスアップ式があるようですが、詳しく理解できません。

私の見解では、
一層式:1枚のシートで作成したもの。
二層式:ソフトとハードの2枚のシートを圧接して作成したもの。
ワックスアップ式:ワックスアップ後埋没してソフト樹脂を填入して作成したもの。
以上のように考察しました。

はたして、実際のところはどうなのでしょうか?御教授をお願い致します。

A.ご質問いただき、ありがとうございます。
エルコデント社のマウスガードが大変優れていると思います。

マウスガードは激しいスポーツをされる方の歯と顎を守るためのものです。例えば、サッカー、ラグビー、アメリカンフットボール、ボクシング、バスケットボールなど、マウスガードを装着することにより画期的に口腔外傷を妨げることができます。

頭を守るヘルメットと歯の顎を守るマウスガードは同じ比重で考えていただきたいと思います。ジュニアや学童に対しては、歯の破折を防ぐため、一層式のシートを使いますが、大人向けには競技により、エルコデントでは、light,medium,light pro、heavy proがあり、それぞれ二層式です。(切縁や、力が入る部位はさらに補強します)

こちらのサイトに詳しく記載があります。(ドイツ語ですが・・・・)
http://www.erkodent.com/dental/html_deutsch/playsafe.html
http://www.erkodent.com/dental/anleit/playAnleit_d.pdf

ワックスアップ式はほとんど使われていません。注意する点は、上顎の7番は避けること。それは7番に強い力がかかるからです。そして、噛んだときに適当な顎位ではいけません。
咬合器付の器械で中心位で作ります。中心位で一番力が入るようにしてあげると、スポーツの効果が最大限に上がります。その点でもエルコデント社の器械は優れています。

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor