IPSGで学べること

『何をどう学べば、先生方がテレスコープシステム、
顎関節症、総義歯の技術を身につけることができるのか』


IPSGで何が学べるのか。文章だけではお伝えしづらいので、IPSGで開催しているセミナー、そして実習コースを一度受講していただくことをお勧めしております。

IPSGのセミナーは年間を通じて網羅的に学んでいただく形になっており、1年たつと、テレスコープシステム、顎関節症、総義歯を治療する基礎ができます。


稲葉先生は、自分が学んできた知識をすべて先生方に伝えたいと思っています。
セミナー参加から一年後、自分の仕事の価値が高まり、楽しく仕事ができるようになり、一度身につけた知識は今後、先生方の宝物になると思います。


また、楽しく仕事をするために欠かせないことは、豊かな経営状態であることです。今、歯科医院の経営はすべての医院の課題かと思います。

IPSGのコースと同時に、IPSG顧問の石原明先生のマーケティングセミナーを受けていただくと、勉強と経営の両方が楽しくなると思います。

歯科医院の売上の余裕がないと、自分の技術を高める勉強に集中することはできません。お金に余裕がないと、心に余裕はなくなりますし、何より、患者様にも優しくなれません。

よって、IPSGでは稲葉先生による技術、石原先生のマーケティング能力をバランスよく身につけていただくことをお勧めしております。

ぜひ、豊かな経営で、楽しく勉強していただきたいと思います。


IPSGで学べる歯科治療技術の詳細はこちらから

予防補綴のすすめ
上下顎同時印象法による総義歯
テレスコープシステム
テレスコープ装着後のトラブルとその対応