Q.テレスコープシステムの義歯は、装着したまま就寝しても問題ないのでしょうか?

Q.テレスコープデンチャーは基本的に夜間は装着したまま就寝するということでしたが、衛生的観点から見ると外して就寝した方が良い気がするのですが、いかがでしょうか?

また、装着就寝中のパラファンクションへの対策としては何かありますか?

A.テレスコープは全顎を一体化できる義歯でありながら歯根に負担なく着脱でき、洗浄も簡単なシステムです。

その口腔内の内冠は円錐形なので天然歯よりも清掃しやすくなっています。

そのため、ご自身はもちろん第三者による衛生管理も容易です。

IPSGでは就寝時も義歯装着を勧めています。
それは、義歯の咬合支持により顎関節円板を過負担から守れること、適正な前歯位置で口唇閉鎖を可能にする、舌が正しく機能できる位置の空間を確保できるからです。

そして、安定して閉口できると鼻呼吸の環境ができ、口腔内が乾燥せず唾液の自浄作用により衛生状態を保つことができます。

このように就寝時の義歯装着には多くのメリットがあります。

就寝時のパラファンクションは、長時間にわたる咬合接触で歯を支点とした梃子現象を起こし、組織に病的変化を生じます。

そのようなことが起こらないよう、事前に病的な梃子現象を生じない咬合接触と誘導の義歯製作を行います。

もし外冠の前装や人工歯など問題があった際には修理することで対応できます。


カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor