コーヌスクローネとは?

1980年代に臨床家の間に広まったコーヌスクローネについて、現在のような評判になってしまった背景と今後の活用方法を、元日本歯科大学教授 稲葉繁が詳しくご紹介させていただきます。




1.テレスコープシステムの歴史とコーヌスクローネへの誤解


日本ではコーヌスクローネしか知られていませんが、ドイツにはさまざまなテレスコープシステムがあります。

1980年代、コーヌスクローネの間違った方法が広まってしまったために、テレスコープ全体の評判を落としてしまったことは大変残念なことです。当時、某大学の先生方によりコーヌスクローネの本が翻訳され、一部のスタディーグループの先生方により爆発的に流行しました。

しかし、10年間ほどで下火になってしまいました。色々なトラブルが生じてしまい、その評価を落としてしまったためです。

トラブルの原因はパーシャルデンチャーの設計の問題を始め、製作方法、使用金属、適応症等が統一されていなかったためだと思われます。

結果、コーヌスクローネは、次第に使われなくなり、評判を落としてしまいました。



2.ドイツでのコーヌスクローネの扱われ方

ドイツでは、コーヌスクローネはテレスコープシステムの中の一つで、特別な方法ではありませんでした。

私は、コーヌスクローネはもちろんのこと、リーゲルテレスコープ、レジリエンツテレスコープ、アンカーバンドテレスコープなど、様々なテレスコープシステムを使い、幅広く歯根膜負担から残存歯が3歯までのケースに応用出来る粘膜負担まで、テレスコープはすべてのケースをカバーできることを知りました。

特に、リーゲルテレスコープは応用範囲が広く、回転リーゲル、旋回リーゲルを使っていました。これらのテレスコープシステムによる臨床を実際にドイツで経験することができました。

そのことが現在までの私の臨床の基本になっています。



3.日本でのコーヌスクローネの扱われ方

1980年に帰国をしてみると、コーヌスクラウンという名前で一般の臨床家の間で広まりつつありましたが、実際にドイツで行っている臨床と製作システムが大きく異なっていました。

金属は、金銀パラジウム合金が使用されていて、ドイツで使用していたゴールドとは、似ても似つかないものでした。私がドイツで学んだ方法とは、全く違っていたのです。金銀パラジウム合金は長期使用で、精度が狂ってしまいます。

さらに、日本の指導者は削除量が多いので、支台歯を抜髄しなければならないと指導していたことです。抜髄することがトラブルの原因となり、歯根破折を起こし、コーヌスクローネの評判を大きく落としてしまいました。

ドイツでは、コーヌスの支台歯には原則として生活歯を使わなければならないということでしたが、日本では全く逆でした。

加えて、支台歯を守るためにはパーシャルデンチャーの設計の基本を知らなければなりませんが、強支持型のパーシャルデンチャーの設計はほとんど知られていませんでした。

特に、コンビネーションのケースに使われる「トーションバー」や「シュパルテ」という支台歯の破折を防止する大連結歯の設計は知られておらず、支台歯の破折を防止する対策が全くなされていませんでした。

そのようなことが重なり、コーヌスクローネの評判を落とした理由に結びついていると考えています。

そこで正しい「コーヌスクローネ」を広めなければならないと考え、株式会社松風のカラーアトラスで「コーヌスクローネ」と「リーゲルテレスコープ」を出版しました。



4.今後のコーヌスクローネの活用方法

一方で、正しい方法で行われたコーヌスクローネは、多くの症例で30年以上の経過を保っています。

私は、ドイツのチュービンゲン大学に客員教授としてE.ケルバー教授のもとに滞在している時に、幸いなことに多くのテレスコープを経験し、一次情報を得てきました。

臨床で使われるテレスコープシステムはコーヌスクローネだけではありませんので、リーゲルテレスコープ、レジリエンツテレスコープなどを適材適所に使い、臨床の幅を広げていただきたいと思っています。

さらに最近ではインプラントとの併用により、さらに良い結果が得られていますので将来に期待したいと思っています。



5.コーヌスクローネを学びたい先生方へ

■書籍

当時、稲葉先生が出版した『正統派コーヌスクローネ』が冊子になりました。

オクルーザルコアの使用、コーヌスのミリングマシーン、正しい印象法、セット方法など、詳しく正しい方法で書かれています。
コーヌスクローネの基本的な設計は、すべてのパーシャルデンチャーに応用することができます。

他では入手することができない一冊、ぜひお手に取って頂けたら幸いです。



⇒書籍の詳細はこちらから


■セミナー

IPSGではテレスコープシステム、コーヌスクローネに関連するセミナーの開催、DVDの販売も行っておりますので、ぜひご活用くださいませ。

⇒IPSGの開催するセミナー一覧はこちらから


■DVD

セミナーへの参加が難しい方は、DVDにてご覧いただければと思います。

正しく理解するテレスコープシステムの臨床
この作品を通じて、歯科技工士はもとより、歯科医師の皆様と共にテレスコープシステムの工程をご理解いただければと思います。

残念ながら、今まで日本におけるコーヌステレスコープは正しく伝えられてきませんでした。

私はドイツの著名なる先生方から、第一次情報を直接学びました。それを基に歯科医学を学ぶ皆様に正しく理解していただくために、この作品を製作いたしました。

■テレスコープのルネッサンス
日本のテレスコープシステムは、一時的に影をひそめていましたが、ドイツではCAD/CAMの発達により、テレスコープシステムが盛んに使用されています。我国でも将来テレスコープシステムは主流になっていくと思います。

私はこのシステムは歯を長く保存し、患者の口腔機能を健全に保つことを確認しています。

稲葉 繁

▼商品内容
DISC1:Day1 コーヌステレスコープの製作
DISC2:Day2-1 テレスコープクラウンの基礎と臨床
DISC3:Day2-2 リーゲルテレスコープ製作実習
DISC4:Day2-3 レジリエンツテレスコープの臨床・製作方法・設計

▼定価
・DVD4枚組 ¥100,000 会員価格¥80,000(税別・送料別)

⇒ご購入はこちらから
⇒FAXでお申し込みの方は、こちらのお申し込み用紙をお使いくださいませ
⇒IPSGで販売中のその他のDVD/書籍の一覧はこちら



参考記事:コーヌスクローネに関するQ&A

Q.コーヌスクローネはどうして評判が悪くなってしまったのでしょうか?正しい製作法に関しての本などありましたら、教えていただきたいと思います

Q.コーヌスクローネの支台歯が動いて、上手くセットできませんでした。解決策は?

Q.コーヌスクローネのオクルーザルコアとは、何でしょうか?

Q.コーヌスクローネの維持力が落ちてしまう原因について教えてください

Q.コーヌスクローネを手で研磨したときと、機械で研磨したのでは、どのくらい研磨面に差があるのでしょうか?

Q.コーヌスクローネの内冠と外冠をゼロフィッティングさせるには、どうしたらいいでしょうか?

Q.コーヌス角はテーパーの半分と教えていただきましたが、コーヌス角とテーパーは何が違うのでしょうか?

Q.コーヌスクローネの横型研磨器とは、どのような目的で使われるのでしょうか?

Q.コーヌスクローネの禁忌症、欠点などあれば教えて下さい

Q.コーヌスクローネの内冠、外冠のセット方法について教えてください

Q.コーヌスクローネの支持コーヌス、維持コーヌスはどのように使い分ければいいのでしょうか?

Q. 片側遊離端症例のコーヌスクローネの注意点はありますか?

Q.コーヌスクローネ、コナトアの使用方法ついて教えてください

Q.下顎前歯のコーヌスクローネの維持力を出すには、どのようにしたら良いでしょうか

Q.コーヌスクローネ、内冠と外冠のセットの仕方について教えてください。

Q.コバルトクロムによる、コーヌスクローネの応用について、 稲葉先生はどのようにお考えでしょうか。

Q.コーヌスクローネと放電加工術によるフリクションピンの組み合わせについて、稲葉先生のご見解を伺いたいと思います。

Q.コーヌスクローネの内外冠試適時にコーヌス力の確認をするには?

Q.コーヌスクローネとクラスプを併用した局部床義歯は設計が悪いのでしょうか?

カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor