Q.口を開けると下顎が自分から見て右にズレています

Q.5年以上前から口を開くと、顎がガクガク痛みがあります。
口を開けると下顎が自分から見て右にズレています。
いつも右耳に耳詰まりや圧迫感を感じるのですが、関係ありますか?
また、顎がポコっと飛び出るのも気になります。

A.口を開けるとき、まっすぐ開けることができるかどうか、どのくらいの量口が開くか、に加えて顎関節の位置を確認することが大切です。

口を開けるときの方向が左右に傾いているかは、顎関節の位置の診断のポイントとなります。

もしも、口を開けたときに右の方向に傾いて開いたとしたら、右側の顎関節の関節円板がとまっている状態です。

とまっているというのは、関節円板というクッションに乗らずに、動いていない状態です。

顎関節は、下顎骨にある下顎頭 と側頭骨にある下顎窩そして、関節結節で構成されています。

2つの骨の間には関節円板というクッションが介在していることで、スムーズに口を開くための役割を担っています。

関節円板は前方転位だけではなく、側方転位もします。

関節円板が内側方に落ちた時、顎関節はポコッと飛び出したようにみえます。

今回の場合、右側に傾いて開くということなので、左側の顎関節は正常に動き、右側に問題があると言えます。

よって、耳詰まりや圧迫感を感じることもしばしばあるため、まずはマニュピレーションにて関節円板を正常な位置に戻し、さらに咬合診断を行い原因を探す必要があるでしょう。



カテゴリー: ブログ   パーマリンク
ȋZH Weber dental labor